◆ボジョレー・ヌーヴォーに合う料理は?

 軽くてフレッシュなワインですので、あっさりとした料理、和食との相性は抜群です。フルーティさがあるので、魚の煮付けや肉じゃが、カボチャの煮物、カボチャのグラタンともよく合います。

実はボジョレー・ヌーヴォーにぴったりな焼き鳥

 肉料理でしたら、しっかりとした牛肉よりさっぱりとした鶏肉と相性がよく、焼き鳥や唐揚げとよく合います。ローストビーフよりは、ハムや生ハムがオススメです。
 チーズでしたらクセのあるブルーチーズやウォッシュチーズより、カマンベールチーズやクリームチーズがいいですね。
 お好み焼きとも合いますし、意外と家で食べている家庭料理と合わせやすいです。

◆ボジョレー・ヌーヴォー2017年 気になる今年の出来は?

2015年のボジョレー・ヌーヴォー

 2017年は、春に霜が降り、夏の初めには雹の嵐で被害にあり、ブドウの数量は少なくなったと聞きました。でも、夏から気温が高くなり、乾燥していたため凝縮したブドウが収穫されたそうです。
 完熟したブドウになったため、果実味が豊かで芳醇な味わいになっています。
 2015年を思わせる品質が高いボジョレー・ヌーヴォーになるのでは・・・・と期待されています。
 

 

 いかがでしたでしょうか。
 今回頭に入れていただきたいのは、以下の3つです。

①本場フランスより日本の方がボジョレー・ヌーヴォーを早く飲める

②ボジョレー・ヌーヴォーはちょっと冷やすとおいしくなる

③ボジョレー・ヌーヴォーは、あっさりした料理、家庭料理とよく合います

 

 ボジョレー・ヌーヴォーの解禁は年に1度のお祭りです。
 今年のブドウを感じるために気軽に飲んでみては!

 これから、このような具体的なシーンを通して、ワインの楽しみ方、そして何よりワインの美味しさをお伝えしていきたいと思います。
 また、最新刊『男のためのハズさないワイン術』が明日11月9日に発売となります。ビジネスシーンはもちろん、デートや家飲みでのすぐに役立つワイン術が書かれておりますので、ぜひ連載とあわせてご覧ください。

 次回をお楽しみに!

*この連載は隔週水曜日更新予定です。