定価:本体1,157円+税

◆私たちは嘘の歴史を教わってきた!

日米の歴史学者が隠蔽した歴史を今詳らかに!

◆これは事実であり!悲劇!

日本もアメリカもソ連のために戦わされた!!

◆最新のアメリカの保守派の歴史見直しはここまで

進んでいる!!
 

◎アメリカ保守主義運動を牽引してきたスタントン・エバンズ

◎ロシア革命100年!今明かされるスターリンの戦争犯罪

◎ヴェノナ文書で裏づけられる!真珠湾攻撃というコミンテルンの仕掛!!

 

戦後の歴史観が全てひっくりかえる
●アメリカでルーズヴェルト批判がタブーだったわけ
●ソ連のスパイが書いたハル・ノート原案
●日米開戦へと追い込んだモーゲンソー私案
●変遷する「リメンバー・パールハーバー」
●ソ連の対米工作を描いた『スターリンの秘密工作員』
●ソ連の対日参戦に反対した米軍幹部たち
●天皇と皇族男子を監禁しようとしたソ連
●「過酷な和平」派による日本解体計画
●ヤルタ会談を仕切っていたある一官僚
●マッカーサーも対日参戦に反対していた
 

■二十世紀とは、ソ連・コミンテルンとの戦いであった!

 「東西冷戦」は一九九一年のソ連の崩壊によって終結したと言われていますが、それはヨーロッパの話です。残念ながらソ連崩壊のあとも、アジアには中国共産党政府と北朝鮮という二つの共産主義国家が存在し、アジア太平洋の平和と繁栄を脅かしているのは御承知の通りです。

 この中国共産党政府と北朝鮮という二つの「共産主義」国家が第二次世界大戦後、なぜ誕生したのか。その経緯を調べると、アメリカのルーズヴェルト民主党政権がソ連に協力して、アジアの共産化に手を貸した「歴史」が見えてきます。(中略)半世紀が過ぎ、多くの機密文書が公開されたことで日本を開戦に追い込み、東欧とアジアの共産化に手を貸したルーズヴェルト民主党政権の問題点が、アメリカの保守系の歴史学者の手によって次々と明らかにされてきています。端的に言えば、アジア太平洋で戦争を引き起こしたのは日本ではなく、ソ連・コミンテルンとルーズヴェルト民主党政権であったのではないかという視点が浮上してきているのです。 (はじめに より)
 

◆本書の内容
 

序 章 日米開戦はスターリンの工作だった

第一章 日米を開戦に追い込んだゾルゲ

第二章 「雪」作戦発動

第三章 オーウェン・ラティモアの暗躍

第四章 乗っ取られたホワイトハウス

第五章 ヤルタ会議を仕切ったアルジャー・ヒス

第六章 握り潰された「反ソ」報告書

第七章 ソ連の対日参戦まで日本を降伏させるな

第八章 ソ連の対米秘密工作は隠蔽されてきた