トレンドを追いかけるのもいいけれど、やっぱり欲しいのは長く使えて、着こなしを選ばないもの。
どんな服のときも、どんなシーンのときも自分の定番としての一足が欲しいなら、
スニーカーは白が間違いない。長く愛用できるはずだ。
 

ABAHOUSE
[アバハウス]

 

シンプルに仕立てたオールレザースニーカー。
素材を切り替えた履き口のヒールのベージュが、
バックシルエットを彩ってくれる。

18,000円+税
(問:アバハウス 原宿) 

YOAK
[ヨーク]

 

2本のベルクロにより着脱するスマートな一足。
ブランドロゴもタンにさらっと入れられており、クリーンな空気感に。

24,000円+税
(問:HEMT PR) 

The DUFFER of ST.GEORGE
[ザ・ダファー・オブ・セントジョージ]

 

シンプルなレザースリッポンかと思いきや、
素足でも熱のこもらないパンチングを施したアッパーを採用。

9,500円+税
(問:ジョイックスコーポレーション)

 

 

 

TK TAKEO KIKUCHI
[ティーケータケオキクチ]

 

デザインポイントにもなっているセンターのジップで容易に
脱ぎ履きができる。 履き口のクッション性も上々。

12,000円+税
(問:ティーケータケオキクチ)

K-SWISS
[ケー・スイス]

 

ブランドの大定番テニスシューズ「クラシック」をオールホワイトに。
おなじみ5本のストライプが程よいアクセントに。

9,8000円+税
(問:ワディ ショールーム)

COMME CA SOMMUNE
[コムサコミューン]

 

高級感あるレザースニーカーのヒールに、 さりげなくグレーを配色。
これにより一気にモード顔に。

12,000円+税
(問:ファイブフォックス カスタマーサービス)

Admiral
[アドミラル]

 

トーン違いのグレーを組み合わせることで優し気な雰囲気に仕上げた
レトロランニングタイプ。ぽってりとしたフォルムがキュートだ。

9,000円+税
(問:Sojitz GMC)