首回りが太い人は
MA-1を着てはいけない。

本気(ガチ)の軍物野郎になっちまうZE!

一般のガッチリ体型は胸板や肩幅をカバーするだけでOKだが、カラダを本格的に鍛えている人にとって、首回りの太さをいかに“ぼかす”かは必須課題。MA-1など、襟と首のラインが同化するものは、当然首回りを隠すものがないので、避けた方が良い。ミリタリーの男っぽさも過度なアピールになってしまうので、オススメできない。

【逆に似合うのは…ダッフルコート or Pコート
フードで首回りが隠せるダッフルや、襟の大きなPコートで、首回りの詰まり感を解消したい。優しい雰囲気を入れるのも重要だ。