今や社会人として、中堅どころに差し掛かってきている「ロスジェネ世代」。上司世代(バブル)と部下世代(ゆとり)に挟まれてどちらともジェネレーションギャップ感じているけれど、その違和感は「学生時代の経済事情」が大きく影響している?現役大学生である「さとり世代」を含む、「4世代論」で徹底比較!第3回は「初任給」編。すでに社会人な3世代のランキングの後、現役大学生の「さとり世代」の希望額を発表。その落差にいろんな意味でびっくり!?

写真を拡大 実家からの仕送りは、今も昔も学生にとっての「命綱」。最近はその金額も減少傾向とあるが、果たしてーー?

第1回「学生時代の貯金額ランキング」はこちらから
第2回「学生時代の仕送り額ランキング」はこちらから

 

1位
バブル世代
平均 22.3万

バブル崩壊前に入社。基本的に若いときは遊んでナンボと考え、保守的な下の世代には不満も。お酒を飲めばあの頃は良かった話に華が咲く。

ハイ、順当に今回もバブル世代がトップですね。その意見を聞いてみると「懐かしいなぁ、初任給。僕は銀行員で、手取り22万円くらいでした(50歳・会社員)」「初年度からボーナスで50万もらえたのはうれしかった!(47歳・会社役員)」…ロスジェネ以降の世代にとっては夢のような話!

 

2位
ロスジェネ世代
平均 15.0万円

30代後半〜40代前半が中核で、いわゆる“松坂世代”とも重なる。そろそろ会社でも中堅クラスだが、給料は増えず、仕事量だけが増えていく…。

第3回にしてようやく最下位脱出。とはいえ逆を言えば、入社時から横ばい&右肩下がりな世代とも言えて…。「手取りにすると、15万円くらいだったかな(38歳・会社員)」「入社した会社で財形とか入れるものにはすべて入っていたんで、額面からかなり引かれて渡されてたような(40歳・無職)」

 

3位
ゆとり世代
平均 10.9万円

20代後半〜30代前半のいわゆる「ゆとり教育」を受けた世代。個性重視で自分らしくあることが第一。とはいえ、キャリアアップには貪欲。

まさかの低水準に落ち込んだゆとり世代。からくりとしては調査対象に正社員が少ない世代であるということ。「初任給って言っても今とあまり変わらないのが悩みのタネ(30歳・出版社)」「てか、手取り10万円切ってるんですけど、僕の会社、まさかブラック!? (29歳・WEBデザイナー)」

 

そして、現役大学生「さとり世代」の初任給希望額は?
さとり世代
希望額平均 26.1万円

現役の大学生世代。生まれた時から不況なので、人生設計がシビア。若いからといって無茶なことはしない。4世代では一番金銭感覚はマトモ?

ウン、現実を見ようね、としか言えない。

 大学生の新卒給料は年200〜230万円であり、手取り額は15万円程度にしか ならない(むろん高い会社もある)。この現実を受け止めて堅実に生きるしか残る道はない。一方で、では30代でいくら欲しいか聞いてみると、「年数×万円くらいはせめてもらいたい」「月収50万くらいは欲しい」と、さらに高望みをする輩が続出。年功序列で賃金が上がっていく世の中ではないため、転職時期やキャリアプランをきちんと考えることも大事と教えたい。

 

まだまだ社会人としての現実には夢見がちな現役大学生。
いやいや、俺らの時代もそんなもんだったよ、と先輩のボヤキ。
思わぬところで、4世代のジェネレーションギャップが埋まったようで。