森博嗣さんの新刊「道なき未知」。いよいよ11月15日に配本。目利きの書店員さんより感想をいただきました。

「謎に包まれた森博嗣の日常。そこには我々でも共感、勉強できることがたくさんあった」
――紀伊國屋書店新宿本店・1階新刊担当 加藤翔

森博嗣著『道なき未知 Uncharted Unknown』/KKベストセラーズ刊/定価:本体1400円+税/全国書店、アマゾンで発売 ※写真をクリックすると新刊案内に飛びます。

 

 

 


 森博嗣さんの著作を読むのはもちろん初めてではなかった。だが、多くの人がそうであるようにその読書経験は小説によるものでエッセイは読んだことがなく、読みやすいのだろうか、読みにくいのだろうかという予想を立てることができないままに読み始めた。

 結局のところ、その心配は杞憂に終わった。語り口は論理的で、わかりにくいところもなく、小説と同じようにどんどん読み進めていける内容だった。

 普段なかなか聞き及ぶことのない森博嗣さんの生活はとても新鮮で、刺激的だった。その生き方・考え方はとても論理的で納得感を得られた。読み手が作家でなくとも共感が出来るものやああなるほどと勉強になるものばかりで読者に損をさせないこと請け合いである。

 自信を持っておすすめしたい1冊だ。
(紀伊國屋書店 新宿本店 1階新刊担当 加藤翔)

(著者プロフィール)
森博嗣 もり・ひろし

1957年愛知県生まれ。工学博士。某国立大学工学部建築学科で研究をするかたわら、1996年に『すべてがFになる』で第1回「メフィスト賞」を受賞し、衝撃の作家デビュー。以後、続々と作品を発表し、現在までに300冊以上の著書が出版され人気を博している。小説に『スカイ・クロラ』、『ヴォイド・シェイパ』、『ダマシ×ダマシ』、『青白く輝く月を見たか?』など。エッセィに『自分探しと楽しさについて』、『小説家という職業』、『科学的とはどういう意味か』、『孤独の価値』、『作家の収支』、『夢の叶え方を知っていますか?』などがある。