独裁者ヒトラーに対し、密かに反旗を翻したドイツ貴族将校団の有志たち。いかにして1944年7月のヒトラー暗殺未遂事件へと繋がったのか? 「ワルキューレ」作戦の舞台裏を描く、オリジナル連載の第3回です。
後世に「ドイツの英雄」として称えられることになる宿命を背負った男、クラウス・フィリップ・マリア・シェンク・グラーフ・フォン・シュタウフェンベルク大佐。典型的な軍人貴族階級の出身である。

シュタウフェンベルクの登場

 未遂に終わったヒトラーの暗殺。だが、この頃になるとかなり広範囲に渡って動きが出ている反ヒトラー派にゲシュタポも監視の目を光らせていた。そして1943年4月5日、国防軍情報部に捜査されてドーナニーが逮捕。カナリスとオスターも事実上失脚した。
 しかし反ヒトラー派のまとめ役は、すでにカナリスから信頼厚い軍務部長フリードリヒ・オルブリヒト大将に移っており、シュラブレンドルフは3月13日の暗殺が成功した場合、速やかにドイツ国内軍を蜂起させてヒトラー側の動きを封じるようオルブリヒトに伝えた。その際、彼はこう応えたという。
「いつ始めても構わない。覚悟はできている」

 こんな肝の据わったオルブリヒトの元に、1943年9月15日、反ヒトラー派の裏工作のおかげで頼もしい参謀長が赴任してきた。その名はクラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク。階級は大佐である。ヴュルテンベルク公ヴィルヘルム2世の侍従長を務めるシュヴァーベン貴族を父親に、双子の兄弟に次ぐ三人目の息子として1907年11月15日に生まれた。大学入学資格取得後、陸軍に入営し将校となる。優秀だったので、軍ではエリート・コースを歩んだ。
 第二次大戦初期の頃まではヒトラーを支持していたが、戦局の悪化とユダヤ人抹殺の事実に直面し、強い反ヒトラーの立場へと転じた。

 
次のページ 「ワルキューレ」の修正と発動の権限を手に