ヒロシさん…ひょっとしてネガティブキャラを作ってないですよね? そんな疑問を出発点に、あらためて自分の性格をどう分析しているのか聞いてみました。

ホンモノです!

 よく「本当にネガティブなんですか?」と聞かれますが本当です。常に最悪のシミュレーションばかりしてます。この前の長距離トラックの仕事を躊躇した話なんかまさにネガティブがなせるわざで。「トラック運転手って僕なんかとは正反対の人種」とか「たまに無線とかかかってきて、取ると『いよ~う、ヒロシです!?』とかモノマネされるんじゃないか」「荷物の積み下ろしのときに、他の運転手にタバコ休憩で絶対絡まれる」とか色々と考えてしまうんです。
*参照記事:ヒロシ もし自分がトラック運転手になったら…

 こんな感じで僕は紛れもなくネガティブ人間です。でも一方で、「本当にそうなの?」と感じてしまうフシもあるんです。

 というのも、これまでの人生を振り返ってみると、ターニングポイントとなる時期には割と大胆な決断をしていたんです。これは自分でも不思議。人と話すことが苦手で、保険会社の営業マン時代も苦労しました。それなのに脱サラ後にはお笑い芸人を目指したり、酒も飲めないのにホストクラブで働こうとしたのもそう。結構リスクを取る決断もしていて、我ながら何でなのかわからないですよ。

 
次のページ ネガティブだからこそ大きな決断ができる