どこもかしこも「インスタ映え」ブーム。その影響は、年間3000万人もの人が集まる東京ディズニーリゾートにも拡大し、SNS時代ならではの新しい楽しみ方が生まれているのだとか。パークに通って十数年、『思わず話したくなる究極のディズニー』の著者・みっこさんが危惧する、東京ディズニーリゾートで起きている「ある異変」とは? 

SNSでディズニーが変わる?

 

 老若男女が幅広く楽しむ事ができる東京ディズニーリゾート。ショーやアトラクションだけでなく、ショッピングや個性的なレストラン、そして食べ歩きフードなど、ゲストの需要に合わせたさまざまな楽しみ方が存在します。

 2018年4月には、35周年の大きな節目を迎える東京ディズニーリゾートでは近年、「パークが提供する楽しみ」に加えて、「ゲスト自身がつくり上げる新しい楽しみ」が見られるようになりました。

 それは、「インスタ映え」の言葉に代表されるように、楽しむ自分たちをアピールするという、SNS時代ならではの楽しみ方です。

 例えば、「おそろコーデ」や「○○ディズニー」など、人目につく同じ格好や奇抜な服装でパークに来場するというもの。近年はメディアでも「若者のおもしろおかしい流行」として紹介される事が多くなってきています。

 近年のこうした傾向には賛否両論ありますが、これはこれで「現代のパークの新しい楽しみ方」であり、否定すべきものではないと思います。一方で、内容や程度にもよりますが、嫌悪感を持たれている方も存在します。とくに長年にわたってパークに通っている方や、比較的年齢層の高い方を中心に望ましくない行為と感じている傾向が見られます。

 
次のページ 「ディズニーなら何でも許される」は間違い