ドライバーを除いては、ほとんどの人が意識をすることがないであろう「道路標識」。だが日本全国には、知られざる奇妙珍妙な道路標識があった! マニアでなくともニヤニヤせずにはいられない、奥深い世界をご堪能あれ。

 一昔前に比べて、街で外国人を見かける機会が本当に増えた。京都などの観光地は、日本人より外国人の方が多いのではと思うような状態だし、筆者の住む茨城県の小都市でさえ、外国語の会話が耳に入ってくることは珍しくもない。これは、21世紀日本の最も大きな変化に数えられそうだ。

 これに対応し、街頭のさまざまな表示やアナウンスにも、外国語が取り入れられるようになった。2020年の東京オリンピックに向け、国際化対応は急ピッチで進められている。

 道路標識の世界も、その例外ではない。たとえば日本の高速道路には番号がなく、全て「東名高速道路」「中央自動車道」のような名称で区別されていて、外国人にはわかりにくい仕組みだ(もちろん日本人にとっても、時速100kmで走りながら行き先表記を見極めるのは、そう容易なことではない)。

 そこで今年2月から、各高速道路に対して番号が振られることとなった。今まで首都高や国道では番号制で運営されていたわけだから、なかったのが不思議なくらいだ。高速道路番号は「Expressway」の頭文字である「E」(圏央道など環状道路は「C」)を頭につけ、「E1」などのように表す。並走する国道に合わせ、東名・名神が「E1」、山陽道が「E2」、九州道が「E3」、東北道がE4といった要領で番号が振られている。

 これに合わせて標識も新しいものが定められ、少しずつ設置が始まっているが、普及はまだこれからのようだ。ただ高速道路の標識は、撮影が難しいのがマニアとしては悩ましいところである。

高速道路番号の標識

道路標識の奥は深い…… 連載第5回:まるでスキー場……全国で一番きつい「急勾配あり」

次のページ 外国人向けの「一時停止」と「徐行」