なぜ、北朝鮮は日本に対して、威嚇行動をとり続けているのか? そもそも北朝鮮はなぜ、この様な国家になったのか? 中ロ情勢に精通する歴史家、田中健之氏が「周辺」から北朝鮮の本質を考察していく。新刊『北朝鮮の終幕』より10回にわたってお届けしたい。〈シリーズ!脱中国を図る北朝鮮①〉

中国に期待するアメリカの迷妄

火星14発射を記念する切手

 2017(平成29)年9月3日正午過ぎ、朝鮮民主主義人民共和国(以下=北朝鮮)は、6度目の核実験を断行しました。この核実験は、水爆実験だったとも言われ、実に120キロトン、つまり広島の17倍以上の破壊力もある過去最大規模の爆発力を示しました。

 核実験が行われたのは丁度、中国が福建省のアモイで新興五カ国(BRICS)の首脳会議開幕直前のタイミングで行われたものでした。この核実験に対して中国政府は、「国際社会の反対を顧みず、再び核実験を実施した。中国政府は断固たる反対と強烈な非難を表明する」と異例の速さで、強い文言にて北朝鮮を批判しました。この6度目の核実験によって、中国と北朝鮮との関係は、ますます悪化したと思われます。

 これに先立つ8月29日、北朝鮮は中距離弾道ミサイル火星12 を、日本の北海道上空を通過する軌道で発射しています。これはグアム島や在日アメリカ軍など、アメリカの太平洋上の軍事拠点に対して、北朝鮮が充分に核攻撃の出来る軍事力を示すために、行った演習に他なりません。こうして北朝鮮は、アメリカとその関係国に強烈なメッセージを送ったのです。

 アメリカは、核開発と大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発、それに伴う核実験とミサイル発射を阻止するために、中国に対して北朝鮮に圧力をかけるように再三、強く申し入れをしてきました。