適菜収著『おい、小池!〜女ファシストの正体』(KKベストセラーズ刊)/定価:本体1300円+税/全国書店、アマゾン等で11月17日に発売!※カバー写真をクリックするとアマゾンへ飛びます。

「小池百合子」という女性政治家を

拡大鏡にしてみれば、実におぞましい

近代大衆社会の病巣が見えてくる。

「希望」という名の絶望を読み解く。

 

或る女性がどんなふうに、

またどんなときに笑うかは、

彼女の教養のほどを示す目印となる。

しかし、笑い声の響き方には彼女の本性が現われる。

──フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

 

総選挙で小池百合子都知事が代表を務めた「希望の党」は惨敗を喫し、

その責任問題も有耶無耶のなかで突如代表を辞任。

いまや泥舟と化した「希望の党」から小池氏は早々逃走するがごとき様相だ。

しかし、ちょっと待て。

これもいつしか見た光景。政界渡り鳥と言われて久しい小池氏ならではの展開。デジャヴ。

そんな小池百合子という政治家に対する不信、疑念、怨念が渦巻くなか、

「ポピュリズム政治家の真骨頂」ともいえるこの女政治家の正体と

その恐ろしさを厳しく糾弾したのが本書だ。

 

「すべては茶番。もり・かけ・解散選挙に「緑のたぬき」が参戦したが、所詮「即席」だったというオチ。希望の党は大惨敗。ただし、小池百合子が果たした役割は大きい。それはわれわれの社会に大きな不信の種を植え付けたことだ。市場移転問題の迷走により築地の人々の信頼関係を破壊し、都庁内では独裁者として振る舞い、国政選挙においては絶望的に古いスローガンを掲げ、いかがわしい勢力を結集させた。安倍は小池と組んで改憲したいと、ことあるごとにエールを送っている。ちなみに、維新の会と小池をつないだのは竹中平蔵だった。(中略)卑劣な社会は卑劣な政治しか生み出さない。」(おわりにより)

 

CONTENTS

 

第一章 小池百合子とは何だったのか

空っぽの独裁者「小池百合子」

勝ち負けだけの人間

「政界のルー大柴」

一院制という悪夢

すでに「小池ファシスト」

原発ゼロ?

すべては自分のため

ポスト・トゥルースの政治家

すり替え、矛盾、はぐらかし

顧問団政治

強さの秘密は「空虚であること」

「改革」を唱える破壊者

全体主義の本質

 

COLUMN

「小池劇場」に熱狂する「B層」

 

第二章 だから何度も言ったのに

だってだって女の子なんだもん

ロシアに貢いだ安倍晋三

活動的なバカ

カジノ人脈の闇

グローバリゼーションという病

竹中平蔵とワクワク勢力

パンツを盗む人間

慰安婦合意の真相

天皇陛下を茶化した安倍晋三

「慢心しきったお坊ちゃん」

森友学園事件は映画化すべし

安倍晋三記念小学校

言語不明瞭、意味不明瞭

都庁のバカ殿

長谷川豊という屑

殺人を教唆する橋下徹

「無責任系」に「放火系」

 

COLUMN

新聞社説は害悪

 

第三章 保守政治の崩壊

ほとんどオウム真理教

安倍真理教

安倍昭恵の逃亡劇

アホの足立

船田元の反発

カルトに汚染された産経新聞

大河ドラマなら四五話あたりの感じ

治らない虚言癖

安倍ファンクラブの会報

豊洲の女

イスラムに対する冒涜

外圧を期待する売国奴

「都民ファースト」というファシストの会

バカは犯罪

ヤンキー、地元へ帰れ!

人間失格

破壊された「改憲論」

 

COLUMN 

保守の対極である安倍は

オークショットに学べ

安倍晋三には「常識」がない

 

第四章 バカは何度でも騙される

安倍政権の本質はカルト

「できそこないの個人」

政界の上祐史浩

稲田朋美の最後っ屁

おい、小池!

「上からの演繹」

政治にワクワクもSPEEDもいらない

「人づくり改革」という狂気

高校野球、やめたらどうか

コンピューターおばあちゃん

三浦瑠麗というデマゴーク

自民党長老は共産党と手を結べ

安倍を批判する自民党の重鎮

改革をやめる

 

おわりに

 

《著者略歴》

適菜 収(てきな・おさむ)

作家、哲学者。1975年山梨県生まれ。ニーチェの代表作『アンチ・クリスト』を現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(以上、講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、『死ぬ前に後悔しない読書術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、『安倍でもわかる保守思想入門』、『安倍政権とは何だったのか 時代への警告』(以上、KKベストセラーズ)など著書多数。