トレンドを追いかけるのもいいけれど、やっぱり欲しいのは長く使えて、着こなしを選ばないもの。
ブーツでビブラムソールが喜ばれるのは、 その高耐久・耐摩耗性ゆえ。 少々値は張るかもしれないが、 ビブラムソールのスニーカーならば 次々買い替えるより賢い選択と言える。
 

WALSH
[ウォルシュ]

 

メイドインイングランドの質の高いレトロ顔スニーカーにビブラムソールをセットした、 まさにハイブリッドな一足。

20,000円+税
(問:カメイ・プロアクト) 

mythography
[ミソグラフィー]

 

革靴の「シャンク」にあたるパーツを取り入れた、ハイテクソールを装備。内羽根だから、クリーンに履きこなせる。

28,000円+税
(問:HEMT PR) 

SUVSOLE
[サヴソル]

 

ビブラムのフットベッドを得意とする〈スイコック〉の兄弟ブラ ンドらしく、アウトソールにビブラムソールを装備。

26,000円+税
(問:オージー)

 

 

 

Danner
[ダナー]

 

ワークブーツブランドらしく、レースホールやソールにマウンテンブーツのタフなディテールを再現した実用的なシューズ。

14,000円+税
(問:ダナー)

 

スニーカーを少しでも長く履きたいなら、ビブラムソールがオススメだ!