長岡の人にとって「ジュピター」は特別な曲

連載「母への詫び状」第六回〉

 TBSのドラマ『陸王』を観ていたら、挿入歌で「ジュピター」が流れてきた。歌っているのはリトグリ(Little Glee Monster)。2004年に平原綾香が日本語の歌詞をつけてヒットさせたクラシック曲のカバーだ。

 この「ジュピター」、うちの田舎の新潟県長岡市では特別な意味を持つ歌である。以前、母とぼくのケータイの着メロが同じ曲でぎょっとしたと書いたが、それが「ジュピター」だった。

 ただし、着メロの一致は“親子ゆえのシンクロニシティ”などではないと、あとでわかった。父のケアマネージャー(介護支援の専門家)の着メロも、母の友達の着メロも、みんな同じ。あっちでも、こっちでも、電話がかかってくると高頻度で「ジュピター」が流れる。長岡という町のテーマソングと呼んでもいい。

次のページ 中越地震の翌年上げられた復興祈願の花火