生命保険の営業マン経験もあるヒロシさん。「会社が嫌だ…」と思ってしまう悩めるビジネスマンに伝えたいことは? 

綺麗事を信じるな

 

 難しいですね…。ポジティブキャラのタレントさんなら適当に前向きなアドバイスをして終わりでしょうけど、僕は悩んでいる人に対してそんなことは言えないです。「会社に行きたくないな」ということですけど、僕の場合ちょっと特殊なんですよ。それは現場が毎回違うこと。嫌なことがあっても、担当者が嫌な人でも、別の現場に行けばリセットされる。

 でも、普通の人は就職したら毎日同じ職場ですよね? それは地獄だと思います。うーん、どうしても行きたくないような日が続けば僕なら辞めます。極論かもしれないけど、やっぱり辞めるかな。

 

 上司に怒られて会社に行きたくないというのは、もしかしたら本人が悪いのかもしれないです。一つ一つの状況は分かりません。でも無茶苦茶な人間って世の中に一定数いるものなんです。モンスター上司というか、どうにも耐えることができない上司は絶対にいる。そしてそういう人って今後も治りません。厄介なのが、「愛のムチ」とか「お前のために厳しくやっている」という言葉ですね。そこに期待してしまっている人もいるかもしれない。「ここを耐えればよくなる」って。でもね、そんなことはありえません。

 絶対ないですから。綺麗事を言う人ほど自分のことしか考えていないものです。

 だから病んで自殺してしまうくらいなら辞めた方がいいです。僕もサラリーマンを経験しましたけど、伝えたいのは会社が全てではないということ。そういった会社がなくても自分一人で生きていけるのが理想です。自分と身の周りの何人か、少人数で生活できる基盤を作ることが大切だと思うんです。

明日の質問は…〈Q30今日会社に行きたくないな。そんな朝。ヒロシさんならどうしますか?(後編)〉です。次回最終回!