「党大会」の開催から分かること

 その自信の表れが、共産主義政権にとって最も重要な行事とされている党大
会を開催したことです。張成沢の粛清によって党大会の開催が容易ならしめた
とも言われています。

 2016年5月、実に36年ぶりに開催された党大会は、金日成体制から過渡期にあったとされる金正日政権時代には、一度も開かれることはありませんでした。

金正日の公式肖像画
金日成の公式肖像画

 これによって金正恩は、新たに設けられた〝党委員長〟というポストに就任
し、内外に新体制確立を宣言しました。

 2017(平成29)年4月15日。北朝鮮の最大の祝日である、建国の父、金日成国家主席の生誕105年を祝う太陽節を迎えました。

 同年2月から毎月のようにミサイル実験を繰り返していた北朝鮮がこの日に合わせて、6回目の核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験をするのではないかという憶測が広がる中アメリカ第一主義を掲げるトランプ政権はこれをアメリカの安全保障を脅かすものだとして、それらの実験を阻止すべく、北朝鮮に対する軍事攻撃をも示唆、原子力空母カールビンソン率いる空母打撃群を朝鮮半島へ派遣を決定するなど、軍事的な圧力を強めていました。

 しかし北朝鮮は、アメリカの軍事的な圧力を意に介することなく、平壌の金
日成広場では、各種の新型ミサイルと化学部隊、特殊部隊なども参加した大規模な軍事パレードが行われました。

 世界中のメディアが、この日の軍事パレードに耳目を集める中、実は平壌ではもう一つの重要な大会が催されていました。「金日成主席生誕105周年慶祝中央報告大会」です。

次のページ 金永南の言葉の意味