いま「名古屋ぎらい」のネタがまた再燃している。「トンデモ名古屋論」を語り続ける県民性評論家なるものが権威をまとい、名古屋いじめを加速させているのだ。しかも、名古屋人までがそれに同調する事態にも……。そんな状況を憂えた、名古屋生まれ名古屋在住の知識人・呉智英氏は『真実の名古屋論〜トンデモ名古屋論を撃つ』を上梓。「名古屋いじり言説」のひとつ、「名古屋は日本三大ブスの産地」説の虚妄について語る。

2005年前後、乱発された「名古屋本」

 

 愛知万博の2005年前後、書店にさまざまな「名古屋本」が並んだ。岩中祥史の本やそれと同工異曲のもの、また雑誌の名古屋特集号などであった。サブプライムローンやリーマン証券の破綻による世界的な経済危機が起きる前でもあり、活力ある町として名古屋が話題を集めていたのである。

 経済誌や名店紹介本などは、実学書実用書として意味がある。しかし、名古屋文化を論じたものには大したものはなかった。唯一の例外が井上章一『名古屋と金シャチ』(NTT出版)である。これは時流に便乗した一冊のように見えながら、名著と言ってよい本である。

 井上章一は京都大学で建築学を専攻した研究者で、建築史から意匠論や風俗史まで幅広い分野で通説を覆す研究成果を発表している。しかも、それは、個々の誤りを指摘するだけではなく、そういった通説を支える思考方法の再考を促すものである。

 一例だけ紹介しておこう。法隆寺の柱は真中が緩やかに膨らんでいるが、これは古代ギリシャの神殿のエンタシス様式の影響を受けたものだと何となく信じられている。しかし、そんな根拠はどこにもない。この不正確な通説が広がった背後には「南蛮幻想」(西洋憧憬)がある、というのだ。大変興味深い指摘である。

『名古屋と金シャチ』も同じように興味深く、私も初めて知った話がいくつも書いてあった。

 
次のページ 名古屋は「日本三大ブスの産地」?