「菜根譚」を地で行く安室奈美恵

人よく菜根を咬み(かみ)えば、すなわち百事なすべし

 これは、中国古典「菜根譚」の一文で「私たちは、葉っぱと大根だけを食べる生活を覚悟すれば大志を成し遂げることができる」という努力の大切さを説いたものだ。

1996年撮影。ロイター/アフロ

 この言葉ほど、安室奈美恵さんの生き様を示したものはない――。同郷の同世代、彼女がスターダムにのし上がった過程をリアルタイムで見届けてきた身として、そう強く思うのだ。

 安室さんは、那覇市の首里の石嶺という地域で生まれ育った。芸能界デビューの足がかりとなった、沖縄アクターズスクールとの出会いは、小学校5年生の時。のちに盟友となるMAXのレイナさんに誘われて見学に行ったのがきっかけだ。そこで当時の社長のマキノ(正幸)氏の目にとまることとなる。 

 当初彼女の母親は沖縄アクターズスクールの入学には反対していた。理由は母子家庭のため高額の授業料や入会金が払えないとのことでだ。しかし彼女の才能を見抜いていたマキノ氏は自ら母親に会いに行き、授業料や入学金を免除にするなどの条件を提示し、特待生として彼女を入学させた経緯がある。

 ちなみに母親は、彼女に空手を習わせていたが、そちらはなんとしても続けてほしかったそうで、空手は止めなかった。彼女はのちに母親の名前を腕にtatooで残しているぐらいなので当時から母親思いの優しい子だったのであろう。

 彼女が住んでいた首里は坂道が多くアップダウンのある地域である。彼女はそこから那覇市泊にある(現在は宜野湾市)沖縄アクターズスクールまで歩いて一時間半の道のりを週三回歩いて通っていた。文章にすると簡単なことのように思われるかもしれないが、沖縄の夏の日差しはとても強く夏場には歩く人はほとんどいない。このエピソードからも彼女のストイックさが伺える。

 
次のページ やっかみを振り払い、努力を積み重ねる