確かな演技力とワイルドでセクシーな存在感で注目をあびる俳優・青柳翔。映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍する彼が11月29日に3rdシングル『Snow!』をリリースする。1stシングル『泣いたロザリオ』から約1年、2ndシングル『そんなんじゃない』から半年。待望のニューシングルについてインタビューした。
 

クリスマス。みんなが喜んでくれる曲を

ーまず前作からの流れを振り返っていただきたいんですが、2ndシングル「そんなんじゃない」で得られた反響をどのように感じていますか?

青柳翔 1stシングル「泣いたロザリオ」からバラードが続いたこともあり、バラードを歌い続けていくのはいいかもしれないねと言ってくださる方もいましたし、バラードが似合うという声もたくさんいただけたのは凄く嬉しかったです。

ーバラードが似合うという感想は、ご自身でも実感していることのなでしょうか?

青柳翔 いろんなデモ曲を聴いて反応するのもバラードですし、好きな曲を聞かれるとやっぱりバラードを挙げることが多いです。歌ってしっくりくるのもバラードであることが多いので、実感しているというよりは感覚的に感じているような気がしています。

ー1stシングル発売から約1年が経ちましたが、その間の活動を通して変化した心境や成長の実感はありましたか?

青柳翔 物凄くあっと言う間でした。その間にもライヴをやらせていただく機会があったり、初めての経験をさせてもらったり、成長を実感できたかは別としてとても濃い1年だったと思います。2ndシングル「そんなんじゃない」をリリースしてから半年くらいは、ずっとお芝居が続いていました。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の2作以外にも別の作品の撮影があったり、お芝居に集中していた時間だったと思います。そういう時って、その日その日、ひとつの作品のことにしか集中できないんです。だから、例えばライヴをやっている期間は、お芝居のことはまったく耳に入って来ない状態に近いと言いますか。ひとつひとつの作品と全力で向き合う。今の自分はそれしかできないので、毎回その連続だと思っています。

ーでは、今作3rdシングル「Snow!」は、どのようなイメージで制作に入ったのでしょうか?

青柳翔 2ndシングル「そんなんじゃない」をリリースしてからはお芝居をする時間が長かったので、次のシングルは1stシングルとも2ndシングルとも違う自分を出せたらいいなとは漠然と思っていました。そんな時に『洋服の青山』さんのCMタイアップのお話をいただいたこともあって、クリスマスに近づくにつれてみんなが喜んでくれる曲を作ろうということで制作がスタートしました。

ー前作、前々作に続き小竹正人さんの歌詞ですが、改めて曲の世界観を教えてください。また、歌詞についてどんな感想を持ちましたか?

青柳翔 今回も本当に素敵な歌詞を書いてくださいました。前作、前々作とは違って、恋が成就するような明るい歌詞なので、また違った曲調を楽しんでいただけるんじゃないかなと思っています。クリスマスを前にカップルで聴いてくれてもいいですし、MVの内容はカップル以外の方にも響く世界観になっていると思うので、ぜひ観ていただきたいです。

次のページ 雪への思い