「にんしんホットライン」に届く声

 現在、運営している妊娠相談窓口「にんしんホットライン」の相談者のほとんどは、インターネットの検索で見てきてくれる方です。

 全国から相談を受けていて、現在月に80件から100件くらいの相談が来ています。さまざまな相談が来ますが、「妊娠したかどうか不安です」といったティーンエイジャーを含む性に関する相談や、「妊娠して困っている」「お金が無くて、どうしたらいいでしょう」という相談などさまざまです。妊娠後期の相談であっても必ずしも養子縁組したいという相談ではなく、「育てたいけどどうすればいいか分からない」という相談も多いです。相談者が育てることを希望している場合には、お金が無くても産める、育てられる支援や制度に関する情報提供を行っています。「経済的に厳しくて、妊娠後期になっているけどまだ1回も病院に行けていない」「できれば育てたいけれども、パートナーと連絡が取れなくなってしまった。」「シングルマザーで子どもを育てていて生活が厳しいのでこれ以上は難しい」など相談者の状況も本当にさまざまです。

次のページ 「相談者の自己決定をサポートする」ことに徹する