【自転車御守】

 

授与所 小椋神社

ご利益 自転車走行の安全

初穂料 600円 (税込)

 滋賀県仰木の里一帯は、古くから棚田が発達した地域だ。小椋神社はその中心を成し、棚田の源となる水の神様として、土地の人々から崇められてきた。
 そんな由緒ある神社に、一風変わったお守りがある。デニム生地に白ペンキの風合いで自転車がプリントされている「自転車守り」がそれ。このユニークなお守りを考えたのは、宮司の佐合井秀彦さんだが、実は宮司さん自身もサイクリングが趣味だという。

「五年前に、この辺りで“ヒルクライムレース”という自転車レースが開催されたんです。比叡山の麓がスタートで、そのスタート地点にうちの神社があったことから、自転車の安全走行を祈願してつくりました。口コミで広まって、遠方からも安全祈願に来られるサイクリストの方が増えていますよ」。

 

 現在、滋賀県では、自転車で琵琶湖を一周する、通称「BIWAICHI」が推進されているが、小椋神社はその休憩所の一つに指定されており、工具を用意するなどサイクリストたちをサポートしている。
 このお守り、自転車に乗り始めた子供の安全にもご利益があるそうだが、ママチャリをはじめ、自転車は日々の暮らしにとても身近なもの。自転車を毎日使う人に、ぜひ持って欲しいお守りである。

木之本地蔵院
住所:滋賀県大津市仰木4-38-55
TEL:077-572-1482
URL:http://ogurajinja.org/accses.html​