ユニクロを着てるって分かると恥ずかしい!…なんて、昔の話。今は品質の向上や有名ブランド、デザイナーとのコラボによりブランドとしての地位を着実に高めている〈ユニクロ〉。もちろん、他のブランドとも遜色なく、もはや“ユニバレ”するのが難しいくらい。そんなユニクロを愛用する街のファッショニスタのコーデから、どのアイテムがユニクロかを当ててみよう!
1人目
ハイブランド風のモードルック
東京・小野塚啓介くん (27歳)会社員 身長174cm

モード感あふれるショールカラーの、流れるようなシルエットのコートを主役にモノトーンでまとめており、一見どこがユニクロか見当もつかない。

……

………

 

かのエルメスで腕を振るっていた、クリストフ・ルメール氏が手掛けているブランドとのコラボだけあって、シルエットとパターンは折り紙つき。

以前行なっていたアンダーカバー、ジル・サンダーなど有名ブランドとの個性的なコラボに比べ、 落ち着いた印象のブランドコラボであったことも功を奏した。