奥さんに送信ボタンを押してもらうことも

 勝利した試合後には、すぐにTwitterやブログを更新していますけど、実は大変な思いをしているときもあるんですよ。すぐに文章が思い浮かぶときもあれば、内容を読み返して書き直すときもある。だって、ひとつボタンを押すだけで、自分の考えや思いが拡散されてしまうんですからね。これはめちゃくちゃ怖いですよ!

 だからたまに、妻に送信ボタンを押してもらうことすらあります。「この文面でいいかな、この内容でいいかな」って悩んでいて、「ダメだ。押せない。無理、無理!」ってこっちが言っていると、妻が「それでいいと思うよ」って言って、「はい」って押しちゃうんですよね。こっちからしてみたら「ええっ、はやっ!」ってなります(笑)。

 Twitterは140文字と1回の文字数が決まっていますが、それはそれで、自分を表現するという上では、すごく勉強になっています。
 繰り返しになりますけど、SNSをやっている理由としては、みんなが楽しみにしてくれているというのが大きい。そして、僕自身もそれを楽しんでいます。だって、これが苦痛なだけだったら、きっと続けていないですからね。 

明日の質問は…〈Q8 日本代表への思いはどのように変化していきましたか? また今、どのような思いを抱いていますか? 〉です。