なぜ、北朝鮮は日本に対して、威嚇行動をとり続けているのか? そもそも北朝鮮はなぜ、この様な国家になったのか? 中ロ情勢に精通する歴史家、田中健之氏が「周辺」から北朝鮮の本質を考察していく。新刊『北朝鮮の終幕』より10回にわたってお届けしたい。〈シリーズ!脱中国を図る北朝鮮⑩〉

北朝鮮は、依然として工作組や国家保衛部の防諜要員の中国派遣をさらに増やしている

 

 今でも北朝鮮は、依然として工作組や国家保衛部の防諜要員の中国派遣をさらに増やしているのが実情です。

 台湾との関係も国交規模ではないものの、内容は高いレベルで、2001年末には、「朝鮮台湾親善協会」が結成されるに至りました。

 2002年2月16日、金正日の誕生日の贈り物として、平壌市民に無料供給した下着らは、まさに「朝鮮台湾親善協会」が平壌に事務室を開く条件として提供した、対北支援名目の物資だったのです。

 外形上は企業家たちで構成された「朝鮮台湾親善協会」ですが、それは万景台
区域ハゴル洞に位置しており、その管理は朝鮮人民軍総政治局の五四部が担当
しています。

 五四部は、その対外的名称を「朝鮮勝利貿易会社」と偽装しており、それは張
承吉少将が主導する金正日の軍における政治資金調達部署です。

 金正日は、対中依存度を減らすために、2002年の初め、北朝鮮の全ての
会社が貿易取り引きを中国からロシアに変えるように命令を出しました。とこ
ろが貿易秩序の混乱が、そのまま社会秩序に及ぶと三カ月も経たずに、その取
り消しの命令を下しました。

 結局、金正日は中国政府からまた憎まれ、北朝鮮の内部からは、彼の指導力
に対する疑いのみを増幅させてしまったのです。

 このように、アメリカや韓国よりも中国をより威嚇的な存在として、金正日
氏が意識する理由は、同じ社会主義でありながら中国が改革開放の成功モデル
だからです。

 300万人を餓死させた金正日の閉鎖的な政治と発展し続ける隣国の中国を
見ながら、北朝鮮の国民たちは、はじめて自分達と比較する意識を持ちました
。(『統一日報』web版2011年9月22日参照)

 
次のページ 彼らには心を許すな