元陸上短距離選手。著名アスリートの動作改善を指導している『骨ストレッチ・ランニング』著者松村卓さんは、これまで万能とされたきた腹筋運動や体幹トレーニングは、走る上では障害になる、と警鐘を鳴らします。

腹筋しないほうがいい走りができる?

 

 意外に思うかもしれませんが、腹筋運動をしないほうが、ずっといい走りができるというのが本当なのです。

 なぜなら、腹筋を鍛えるといっても、体の一部を強化するだけにすぎません。

 前述したように、体全体のバランスを考えたら、一部分を突出させることはかえってマイナスにつながることもあるからです。

 では、体のパーツ一つひとつを念入りに強化していけばいいのか?

 残念ながら、部分の総和が全体につながるとは限りません。最初から全体が意識できていなければ、体は機能的に動かせないのです。

 話題になることが多い体幹トレーニングに関しても、まったく同じことがいえます。たとえば、ある体幹トレ―ニングを行った後に、同じように筋力テストを行ってみると、そのことがわかります。体幹トレをする前のほうが力が入りやすいのです。

次のページ その体幹トレ、インナーマッスルを鍛えられていますか