日本によるパールハーバー奇襲はどのように準備され、実行に移されたのか。軍事的な時代背景とともに書き下されたオリジナル連載。
パールハーバー奇襲の主役となった97式艦上攻撃機。使い勝手のよい優秀な機体で、雷撃、水平爆撃、偵察、対潜哨戒などに重宝された。

パールハーバーを狙う日本海軍艦上機トリオ

 空母に搭載できる航空機は「艦上機」と総称される。そして第二次世界大戦時に空母を保有した各国は、原則として「艦上戦闘機(略して「艦戦」)」、「艦上爆撃機(同「艦爆」)」、「艦上攻撃機(同「艦攻」)」の3機種を搭載していた。
 このうちの艦戦は空戦を行い、敵の爆撃機や攻撃機から味方の艦隊を守る艦隊防空と、味方の艦爆や艦攻を敵の戦闘機から守る護衛を任務とした。日本海軍航空隊における開戦時の機種は、かの「ゼロ戦」こと零式艦上戦闘機である。
 なお大戦中盤以降、大馬力エンジンが実用化できたアメリカは、艦戦にもかかわらず艦爆をしのぐ爆弾搭載量を誇るグラマンF6FヘルキャットやヴォートF4Uコルセアなどを実用化し、艦戦でありながら艦爆の代行もはたすことができるようになった。

 
次のページ 浮上した問題