去る2013年10月19日、下北沢の書店「B&B」にて、AV監督であり劇団「ブス会*」主宰のペヤンヌマキさんと、精神科医・香山リカ先生のお二人によるトークイベントが行われました。「生きづらい女の道をポジティブに乗り切る幸福論」イベント内容を、6回に渡ってダイジェストでお届けします。
 

第3回「ブスノートと好みのタイプ」

第1回「風俗とは何たるものかを知りたくて」はコチラ
第2回「AV業界に入ってみたら」はコチラ

 

今だったらツイッターに書いちゃって大変なことになる?

『たたかえ!ブス魂』を読んだ人が「一番印象的だった」って言うのが、「ブスノート」のくだりなんですってね。デスノートみたいなものですよね。どういうものなんですか?

ペヤンヌ 私、物ごころついた時から、人に対してムカついたことをずっと根に持って覚えているような性格だったんですけど、それを書きとめてたのがブスノートなんです。今日こんなムカつくことがあったとか、こんなムカつく人がいたっていうのを、そういうのを根暗な感じで…。

香山 書けばだいぶスッキリした?

ペヤンヌ そうですね。

香山 よかったね、今だったらついツイッターに書いちゃったりして、拡散されて大変なことになりそうですよね(笑)。ブスノートは誰かに見られたりしそうになったことはないんですか?

ペヤンヌ ないですね、自分で見返してニヤニヤするくらい(笑)。

香山 呪ったりするわけ?この人は死んでしまえ、みたいな。

ペヤンヌ 死んでしまえ、とまでは思わないですけど、「こいつ今に見てろ」みたいな…。

香山 そんなにひどい目にあったんですか?(笑)

ペヤンヌ たぶん、そんなにたいしたことはないとは思うんですよ。ちょっと嫌だと思ったことを人よりもずっと根に持つ性質なんじゃないかと。「この人、いいよね!」というところをいっぱい覚えている性格の人はすごく良い人だと思うんですけど、そういう人になれなかったというのはあると思います。 

 

本を出したら、ゲスい男の人とやたら知り合うように
 

 

香山 今は?

ペヤンヌ 今もその性質は全然変わらないですね。

香山 でもAV女優さんだっていろんな人がいて、ワガママな人とか、自分勝手な人っているじゃないですか。そういうのは根に持ったりしないんですか?

ペヤンヌ AV監督になってから、女優さんってみんな可愛らしいなっていう気持ちになって、同性の方がどんどん好きになって、女の人って嫌な子もこういう子もいるけど、結局みんなひっくるめて、可愛らしい生き物だよね、っていう感覚になってます。どっちかって言うと、男に対しての恨みの方が強くなってきちゃって、大人になってからはブスノートに書かれるのはだいたい男ですね。女の人は、「こういう人もいるし、こういう人もいるよね」って全部許せてしまうというか。

香山 最近、許せなかったことは何ですか?

ペヤンヌ この本を出して、なんかゲスい男の人とやたら知り合うんですよ。

香山 何それー!(笑)どういうこと?(笑)

ペヤンヌ 飲み会に参加した時に、「よかったら読んでください」って本を渡したら、中を開きもしないで表紙だけ見て「あ~、よくある、”ブスって書いてるけど、ブスじゃない”パターンっしょ」みたいに言われて。

香山 あはは(笑)。

ペヤンヌ 中身ちゃんと読んでから言ってよ、って思いますよね。

香山 本を書いたことで、嫌な人に会う機会も増えちゃったんだ?

ペヤンヌ そうですね。特に男性は。いい出会いを期待してたんですけど、ゲスい人ばっかりですね。それは今の悩みですね、男の人をもっと好きになりたいっていう。

 

偏屈な人はだいたい風俗好き?

 

香山 どんな人が好きなんですか?

ペヤンヌ 割と偏屈な人を好きになっちゃうんですよ。あまり人に心を開かないタイプというか。そういう人に自分だけに心を開いてほしいって思っちゃうんですよね。

香山 傷ついた獣、みたいな人? 

ペヤンヌ 傷ついた獣って何ですか?(笑)

香山 自分のとこだけで休息してくれるようなさ、松田優作のような人とかさ。

ペヤンヌ 松田龍平は最近好きですね(笑)。でも偏屈な人って難しい。だいたい風俗好きなんですけど。

香山 えっ!そうなんですか?

ペヤンヌ 好きになる人は実は風俗好きだったっていうパターンが多いんですよ。

香山 それはどうやって調査するの?

ペヤンヌ 「風俗行ってたらしいよ」っていう噂を聞いたり。普段、女に興味なさそうにしている人が好きなんですけど、そういう人ってやっぱり風俗好きなんだってことを最近思うんです。

香山 そういうところで発散しているからこそ、普段は賢者のふりをしているのかもね。

ペヤンヌ そうそう、身近な女に性欲を見せたくなくて、そういう見知らぬところで発散したい、みたいな人なんじゃないかな、って最近思ってます。

香山 そういう人は嫌なわけ?

ペヤンヌ うーん、でもそれもどっちもどっちですよね。どっちがいいですか?

香山 え?何?(笑)究極の選択みたいな?

ペヤンヌ 「女好きで浮気はいっぱいするけど、自分のことも好きでいてくれる人」と、「女に興味がなくて、生理的な解消として風俗に通って、女を口説くことにも興味がない人」と、どっちがいいんだろうって…。

香山 男はどっちかしかいないの?(笑)

ペヤンヌ なんかそういう考えになっちゃいました(笑)

 

第4回「男の前ではダメな自分を見せた方がいい?」に続く

 

香山リカ
1960年札幌市生まれ。東京医科大学卒業、精神科医。立教大学現代心理学部教授。豊富な臨床体験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治、社会批評、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書には、『いまどきの常識』『「悩み」の正体』(以上岩波新書)『鬱の力』(共著)『しがみつかない生き方』(以上幻冬舎新書)、『くらべない幸せ』(大和書房)、『母親はなぜ生きづらいか』(講談社現代新書)、『しがみつかない死に方』(角川oneテーマ21新書)『ココロの美容液』(文藝春秋)『人生の法則』(ベスト新書)『「独裁」入門』(集英社新書)『気だてのいいひと」宣言!』『ほどほどの恋』『幸福の胸のウチ』(以上東京書籍)ほか多数ある。

 

ペヤンヌマキ
1976年生まれ。長崎県出身。AV監督/劇団「ブス会*」主宰。脚本・演出家。早稲田大学在学中、三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。卒業後はAV制作会社に勤務した後、2004年に独立。フリーのAV監督として活動する傍ら、劇団「ポツドール」番外公演 ’女’シリーズ脚本・演出を担当。2010年、演劇ユニット「ブス会*」を立ち上げ、以降、全ての脚本・演出を担当。その他、NHK「祝女シーズン3」に脚本で参加するなど、幅広く活動している。著書に『たたかえ!ブス魂』(ベストセラーズ)。現在、週刊SPA!にてコラム「ぺヤンヌマキの悶々うぉっちんぐ」隔週連載中。「ブス会*」ホームページ:http://busukai.com