去る2013年10月19日、下北沢の書店「B&B」にて、AV監督であり劇団「ブス会*」主宰のペヤンヌマキさんと、精神科医・香山リカ先生のお二人によるトークイベントが行われました。「生きづらい女の道をポジティブに乗り切る幸福論」イベント内容を、6回に渡ってダイジェストでお届けします。
 

第4回「男の前ではダメな自分を見せた方がいい」

第1回「風俗とは何たるものかを知りたくて」はコチラ
第2回「AV業界に入ってみたら」はコチラ
第3回「ブスノートと好みのタイプ」はコチラ
 

AVのユーザーから「暗すぎる」というレビューが…
 

 

香山 ペヤンヌさんと話しててもね、なんかこう奥ゆかしい感じがするんですけど、AVを撮る時は「そこ!激しくやって!」とか言うの?「もっと感じている表情して!」とか?どういう風にやるの?監督って。

ペヤンヌ わりと淡々としてるね、って言われますね。たまに指示してるとこが想像できないって言われますね。

香山 全然違う人間になるとかそういうことはないの?

ペヤンヌ それはないと思いますね。私、バラエティ的な明るいノリのAVとか撮れないんですよね、テンションが低すぎて。前に自分でカメラ回して女優さんにインタビューする作品を撮ったことがあるんですけど、そのAVを見たユーザーに、「インタビュアーの声が暗すぎる」ってレビューを書かれたことがあって(笑)。AVって結構ノリノリの「エッチは好きなのカナ?!」みたいな感じのノリのものもあったりするじゃないですか。そういうのが全くできないから、淡々としたドキュメンタリータッチみたいな感じになりますね。

香山 普段は何してるんですか?ヒマな時とか。

ペヤンヌ 突然ですね(笑)。ヒマな時は、寝てますね。

香山 ネットで自分の名前を検索したりとか、そういうことはしないの?(笑)

ペヤンヌ しますね(笑)。面白かったのが、本が出た時に、ツイッターで誰かが「こういうタイトルですけど、本人はそんなにブスじゃないですよ」ってつぶやいてたんですよ。そんなこと言わないでいいのに、って思ってたんですけど、案の定それに対して、「どこが“ブスじゃない”だよ、たいしたブスじゃねえか」って書いている人がいて、それもまたムカつくと思って。

香山 男かな?

ペヤンヌ それは男だと思うんですよ。だからブスっていうタイトルつけて、ブスじゃないじゃんとかって言うけど、たぶん美人とかっていうタイトルをつけたら、美人じゃねえじゃんって言うだろうし、どっちもどっちなんじゃないかなと思って。

 

女は医者ってだけでモテない

 

香山 でもやっぱりさ、なんか本質的な話だけれど、男の人は女の外見で選んでいると思いますか?

ペヤンヌ 外見で選んではいるんじゃないですかね。外見の好みが様々ってだけで。どういう顔をブスって思うかっていうのも様々なのかなと思いますけど。思春期の時ってわりと美人とブスの価値観ってはっきりしてるじゃないですか。そういうのではないなと大人になってからは思うんですけど。でもやっぱり顔で判断されていますよね。

香山 それはどう思う?理不尽だと思う?

ペヤンヌ でもそれはしょうがないかなと思いますね。男の人もそれで判断されていたりするから…。

香山 でも男はさ、ちょっとくらい髪が薄いとか背が低いとかでもあんまり関係ないですよね。私、医大出身じゃないですか。同級生とかでも、相当外見には問題がある人でも、すっごい美人の奥さんを連れてくるんですよ。でもそれは、小倉千加子さんっていう心理学者が、「結婚っていうのは、資産と外見の取引だ、交換だ」って言ってるけど、その通りだよね。そういう人たちは。

ペヤンヌ 男の人ってそういうのが分かりやすくていいですよね。顔があまりよくなくて、思春期モテなかった人が、地位とかお金を手に入れたらやっぱり分かりやすくモテるじゃないですか。女の人ってそういうはっきりしたものがないじゃないですか。

香山 勉強しすぎたりして、逆にモテなくなったりもするしね。

ペヤンヌ 地位があればあるほど、敬遠されたり。

香山 男は医者だってだけでモテるのに、女は医者だってだけでモテないっていうのありますよね。

ペヤンヌ AVからすると、女医さんってエロそうみたいなのありますけど(笑)。

香山 白衣かな(笑)。私も撮影で、「白衣を着て足を組んでください」ってよく言われるんですよ。夜の診察的なね。昔は庄司薫さんの『赤頭巾ちゃん気をつけて』っていう青春小説とかにもよく、少年が歯医者さんかなんかに行ったら女医さんが出てきて、白衣の下から胸が見えちゃってすごい欲情するみたいな話とかありましたよね。そこしか覚えていないんですけど(笑)。

ペヤンヌ AVみたいですね(笑)。やっぱりAV撮ってて思うのは、みんなコスプレって好きですよね。

香山 私も昔、研修医時代に、宴会でナースのコスプレをしたことがあって、白いストッキングとかはいて、それは結構、わーってなった。…何の話してたんだっけ?(笑)女は外見で決められすぎちゃって、不平等だよねって話か。

ペヤンヌ 外見をカバーするために、何を頑張ればいいのかっていうのが、男の人みたいに分かりやすくないから、それをどうすればいいんだろうってことですよね。
 

 

男の前ではダメな自分を見せた方がモテる?

香山 前に雑誌を読んでたら、彼氏に振られた女の人の話が出てきてね、彼女はすごく仕事を頑張ってて、ダメ系の彼氏に、ボーナスでバイクを買ってあげたりとかしてたんだって。そしたら、その彼氏から別れようって言われて、別にそれは恋愛だから終わりがあるのはしょうがないからいいって言うんですよ、彼女。でも別れる理由が許せなかった。それはなんでかっていうと、「好きな人ができた。そいつは本当に弱い女だから俺がいなきゃダメなんだ」って言って去っていったんだって。

ペヤンヌ うわ~!それ腹立つ!

香山 彼がダメでも責めずに「私が頑張るから!」ってやってきたのに、結局その人が選んだのは、もっとダメな女っていう…。

ペヤンヌ 分かりやすく弱さを見せる人に…。

香山 だからその人は、「仕事をしてきた自分のプライドを傷つけたってことが許せない」って言っててね。切ないでしょう。男の人の前では、むしろダメな弱い自分を見せておいた方がいいのかってことだよね。

ペヤンヌ 私もAV業界入りたての、すごく悩んでいてうじうじしていたAD時代が一番モテてたんですよ。監督になって、胸張ってがんばろうってなってから、全くモテなくなりましたね。やっぱりうじうじしていた方が、みんな助けたいって思うんでしょうね。

香山 そっちに戻ろうとは思わない?

ペヤンヌ それどうすればいいのか(笑)。難しいですよね。そこは。

香山 モテたいんですか?

ペヤンヌ モテたいというか、そんな幅広くモテなくていいので、一人の人にモテたいですけれど(笑)。…なんかこんな話で終わるの気まずいですね(笑)。

 

第5回「どす黒い気持ちにどう折り合いをつける?」に続く

 

香山リカ
1960年札幌市生まれ。東京医科大学卒業、精神科医。立教大学現代心理学部教授。豊富な臨床体験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治、社会批評、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書には、『いまどきの常識』『「悩み」の正体』(以上岩波新書)『鬱の力』(共著)『しがみつかない生き方』(以上幻冬舎新書)、『くらべない幸せ』(大和書房)、『母親はなぜ生きづらいか』(講談社現代新書)、『しがみつかない死に方』(角川oneテーマ21新書)『ココロの美容液』(文藝春秋)『人生の法則』(ベスト新書)『「独裁」入門』(集英社新書)『気だてのいいひと」宣言!』『ほどほどの恋』『幸福の胸のウチ』(以上東京書籍)ほか多数ある。

 

ペヤンヌマキ
1976年生まれ。長崎県出身。AV監督/劇団「ブス会*」主宰。脚本・演出家。早稲田大学在学中、三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。卒業後はAV制作会社に勤務した後、2004年に独立。フリーのAV監督として活動する傍ら、劇団「ポツドール」番外公演 ’女’シリーズ脚本・演出を担当。2010年、演劇ユニット「ブス会*」を立ち上げ、以降、全ての脚本・演出を担当。その他、NHK「祝女シーズン3」に脚本で参加するなど、幅広く活動している。著書に『たたかえ!ブス魂』(ベストセラーズ)。現在、週刊SPA!にてコラム「ぺヤンヌマキの悶々うぉっちんぐ」隔週連載中。「ブス会*」ホームページ:http://busukai.com