いつものパンツから、今年ならではの トレンドパンツまで。手持ちのボトムスから今季買い足すシューズを導き出すマッチング表をSJの独断と偏見で作成。 今足りないシューズはどれだ!?
写真を拡大 横軸がパンツ、縦軸が靴。それぞれ6点ずつ、計36の組み合わせパターンから◎、◯、△の3段階で分析した。

 

「濃紺ジーンズ」を持っている人の
買うべき靴の優先順位

1位 ローファー
2位 プレーントゥシューズ
3位 ワークブーツ

 

スニーカーもいいけど、革靴&ブーツの方が品良く。

ある意味、ほとんどどんな靴にも合ってしまう「濃紺ジーンズ」。その中でも一番合わせる意味があるのが「ローファー」。濃紺の重たさを、持ち前のカジュアルさで巧みに昇華してくれる。「プレーントゥ」や「ワークブーツ」も鉄板の組み合わせ。TPOを選ばない履き方をしたいなら革靴の方が。

 

「ウオッシュドジーンズ」を持っている人の
買うべき靴の優先順位

 

1位 ローテクスニーカー
2位 レトランスニーカー
3位 ハイテクスニーカー

 

色落ち感とキレイめな靴の組み合わせは初心者には危険

濃紺ジーンズとは逆の結果に。「ローテク」は力の抜け加減がカジュアルなジーンズと合うし、「レトラン」も古き良きアメカジを感じさせて◎。逆にドレス感の強い「プレーントゥ」や黒の「ローファー」は、テイスト的に洗いのかかったジーンズと合わせるのは難しい。色のチョイスも重要だ。

 

次のページ スラックス&チノパンに一番合う靴は?