大豆イソフラボンは男性にも効果的!

 

 一度は耳にしたことあるであろう大豆イソフラボン。大豆の機能性成分の一種であるが、女性ホルモンの働きによく似ているとして近年、豆乳ブームが起こるなど女性の間では特に注目されてきた。WHOの疫学調査により、大豆イソフラボンが更年期の血圧やコレステロールの上昇を抑制することが示唆されてきたが、その働きが有効なのは男性も例外ではない。また、近年の研究により、この大豆イソフラボンのパワーの源が、「エクオール」と言う成分であることが分かってきた。

日本人のふたりにひとりは「エクオール」が作れない!?

 元々、大豆イソフラボンには、効きやすさに個人差があると言われてきた。そもそも「エクオール」とは、大豆イソフラボンのひとつ、「ダイゼイン」という成分が腸内細菌によって代謝され変化したもの。「ダイゼイン」のままでも体内に吸収されるが、「エクオール」で吸収される方がより効果的に身体へ作用するという。しかし残念なことに、「エクオール」を生み出す腸内細菌は、すべての人の腸の中にいるわけではない。その腸内細菌を持つ人の割合は、日本人では50%だと言われているのだ。

次のページ エクオールに期待できる作用