「壬申の乱」や「戊辰戦争」など歴史上の出来事や、兵庫県の「阪神甲子園球場」の名前の由来には、暦が深く関わっている。普段、カレンダーや手帳で何気なく目にする、季節や年を表す言葉の意味とは?(雑誌『一個人』2018年1月号より)

◆季節の変化を愛でるのは、先祖伝来の日本人の感覚

画像/photo AC

 年の瀬に家中のカレンダーを掛け替え、新しい年に思いを馳せる。毎年のことながら、浮き浮きと心弾む習慣ではないだろうか。
「カレンダーの種類によっては、和風月名、干支、二十四節気、行事や、その日が大安か仏滅かなど、実に多くのことが書かれていますね。
 それぞれの意味を知って、お日柄を気にしたり、季節に親しんだりするのは、案外楽しいもの。忙しい現代の暮らしの中に、心のゆとりが生まれてきます」。
 そう話すのは、國學院大學文学部教授の新谷尚紀さん。確かにどの言葉も、今まで何かと耳にすることはあっても、その意味について深く考えたことはあまりなかったりする。

「農業や漁業が生活の中心だったかつての日本は、春夏秋冬の移り変わりと日々の暮らしが深く関わっていました。それが『和風月名』と呼ばれる独自の呼び方を生み出したのだと思います。季節の変化を愛でる先祖伝来の感覚は、今の日本人にも受け継がれているのではないでしょうか」。
 豊かな自然観から生まれた「和風月名」。「きさらぎ」「やよい」などは、古くは『日本書紀』にも見られる。ただし、日常の会話ではなく、主に文学的な表現として好まれたという。

 
次のページ 干支の周期が12年は間違った知識!?