14万部突破のベストセラー『勇気は、一瞬 後悔は、一生』から1年――25万人を超えるフォロワーから支持される0号室さん(@0__room)の最新作『がんばる理由が、君ならいい』が12月18日(月)より配本開始。発売に先がけて、本の一部を特別に12月12日(火)~18日(月)の期間、毎日先行配信します! 〈第5回〉

1分でわかる内容紹介はこちらから

[Keyword5 愛情表現]

大切な人には

好きだと伝えてあげて、

あきれるぐらいね 

 

 僕は海外の恋愛映画が好きだ。どの恋人たちもうらやましいくらい愛情表現をしていて、

「あれくらい堂々と気持ちを伝えられたらいいのに……」

 と、昔から憧れていた。

 その中のひとつに、毎年冬になると観(み)たくなる大好きな恋愛映画がある。『ノエル』という、クリスマス・イヴのニューヨークを舞台にしたアメリカ映画だ(2005年日本公開)。このストーリーには、恋愛で大切な要素が全部詰まっている。

 登場人物も、個性的で魅力的だ。病気のお母さんの看病に一生懸命な女性、誰とでもフレンドリーに接する婚約者にヤキモチを焼いてしまう彼氏、そんな彼氏に嫌気がさしてしまう婚約者の女性、死の病にかかり、人生の終わりをひとりで迎えようとしている男性など、いろんな人物が登場する。

 みんな優しくて、

 とくに好きなのが、ヤキモチ焼きの彼氏とその彼女のエピソード。(ここから先は映画のネタバレになってしまうので、詳しく知りたい方は本書でお確かめください)

 
次のページ 恥ずかしくても愛情を伝える