天木じゅん(あまき じゅん)
1995年10月16日生まれ 兵庫県出身 身長148cm、B95W59H88
小柄なボディに衝撃のIカップを持つ“奇跡の二次元ボディ”で人気。
●「佳代子の部屋〜真夜中のゲーム会議〜」(フジテレビ系/毎週木曜26:55〜)、CSファミリー劇場CLUB「私、やりますって!」(ファミリー劇場)、映画「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」(小走やえ役)、ドラマ「花にけだもの」(和泉つぐみ役・dTV×FOD)出演中。(撮影/松田忠雄)

 キュートな童顔と小柄なボディ、それに不釣り合いな豊かなボディライン。まるでアニメから飛び出て来たような体つきで、“二次元ボディ”と称されるのが天木じゅんだ。

——大活躍ですね。

「ありがとうございます。おかげさまで、2017年は上半期、雑誌の表紙を飾ったグラビアアイドルの中で、登場回数1位を取らせていただくことができました」

——地下アイドルからグラビアに挑戦して3年半。グラビアの仕事はどうですか?

「17歳でアイドルでデビューして、グラビアもやらせていただけるようになりましたけど、今でもグラビアの現場は前日からとても楽しみです。撮影中も楽しいし、雑誌が出てからも嬉しいし、いろいろお仕事をやらせていただいてますが、一番好きなんです」

——最初はやっぱり緊張しました?

「そうですねえ。週刊誌とかエンタメ雑誌とか、知らない時は、みんなエッチな雑誌だと思っていましたけど、やってみると楽しくて。グラビアは磨けば磨くほど、いいものができていくので。スタッフの方の魔法のおかげで、自分の違う部分を引き出していただるのが本当に楽しくて。自分の天職だと思います」

——そのバストに男子は大注目です。

「でも、グラビアをやる前は、胸が大きいのはすごくコンプレックスだったんですよ。それと、背が小さいことも…」

次のページ 中学2年生くらいから…