年末年始といえば「お正月の帰省」。実家に帰る時のベストな服装は? 何を持って帰ったらいいの? お土産は? そんな帰省ビギナーが知りたいトコロを伝授する「帰省のススメ」。
写真を拡大 家族に会いに帰るんだから、普段の旅とは違ってアウトドア要素は必要ないよね。あくまでコ ンサバにダッフルコートを羽織って。中に着たコーチジャケットはパッカブルにもなるから温 度変化に合わせて着たり脱いだり。洋服の色み は抑えめにしつつ、バックパックのオレンジで ちょっと遊びを入れてみた。

僕たちが考える、帰省のススメ。

 帰省っていう言葉には、親の安否を確かめに帰る、っていう意味が込められているらしい。なんだかヘヴィな話だけど、親とナントカはいつまでもあると思うなって言うし、年末年始ぐらいは顔を見せに帰らないとね。近くに住んでいる人はちょくちょく帰ってるかもだけど、田舎まで飛行機でも一時間ぐらいかかるし、新幹線ならもっとかかる身としては結構なイベント。離れて暮らしてるぶん久しぶりに帰るときぐらい、ちゃんと安心してもらいたいよね。
 でもこう言うときに限って前の日に友達と朝まで騒いじゃって寝過ごしちゃうんだよね。新幹線は指定席に乗り遅れても、そのあと自由席で乗れるからまだいいけど、飛行機のときはさすがに焦る。取りあえずすぐに航空会社に電話すれば、運が良ければそのあとの便に振り替えてくれるけど、やっぱ空港へは余裕を持って行かないとだな。
 そうそう、お土産も大事。意外と買い忘れたりするから、事前にリスト化しておかないと。こういうとき、パッカブルがあると便利。お土産を買いすぎても、まとめて入れられるしね。ホテルとかと違って実家には色々置いてあるから、いつもの旅行よりは軽装で大丈夫かな。リュックひとつあればいいか。チケットも無くさないようにポーチに入れて準備万端。あとは寝坊しないように今夜は目覚ましセットしとかないとね。

次のページ 実家だって、備えあれば憂いなし。