去る2014年1月9日、『メロスのようには走らない。』の刊行を記念して、著者の北原みのりさんと、漫画家・田房永子さんが「B&B」にて、トークイベントを行いました。北原さんと田房さんの軽妙な掛け合いに、終始笑いの絶えない2時間となりました。その一部を6回に渡ってダイジェストでお届けいたします!

第1回「2人は友だち?」 はコチラ
第2回「女同士の挫折を味わって」はコチラ
第3回「休み時間の編みもの問題」はコチラ

第4回「安田成美が友だちだったら死にたくなる」

 

田房 北原さんのこの本読んでて思ったんですけど、安田成美が友だちだったら死にたくなるなと思ったんですよ。超キレイだし、いつもニコニコ笑って楽しそうだし、幸せそうで、全然非の打ちどころがないじゃないですか。

 

北原 でも夫は木梨憲武じゃん…。

 

田房 それもポイント高いんですよ。

 

北原  えっ、いいの?あ、小石系だからだ(笑い)。

 

田房 とんねるずはやっぱり「男ですみません」の日本代表だから、その中の小石かな。だから最高なんですよ!いいんですよ木梨がまた。

 

北原 ごめん、全然わかんない(笑い)。

 

田房 わかんないかもしれないけど、でも、安田成美が友だちだったら死にたくなる人だなって思いましたよ。

 

■男の子が入った途端にドブネズミ

 

北原 それは完璧な人がそばにいると、自分に価値がなくなるような気持ち?

 

田房 そうそう、本の中に合コンの話があったじゃないですか。北原さんが美人のコンパニオンと合コンに行ったら、男がその人にしか話しかけないっていう。私もそういう経験しかない、っていうくらい、そういう目にあってきたから。

 

北原 そうなんだ。

 

田房 10代の時、「一緒にいると死にたくなる」友だちが2人いたんですよ。すっごい美人で読者モデルとかやっている女の子が、美大予備校にいて。たまたまその子と一緒に行動する生活が始まっちゃって地獄でした、ほんとに。男子がその子にしかしゃべりかけないんですよ。

 

北原 うわー。

 

田房 でもその子がなぜか途中で美大を諦めて予備校を辞めたんです。その時、超ほっとしました。はぁ…これで普通の生活が……人として扱われる生活が取り戻せたって思いましたもん。

 

北原 私も思い出した、そういうのすごく嫌だよね。2人の間に上下関係はあったの?

 

田房 ないんですよ。むしろ私の方がちょっと上、くらいな。それは私がその子より絵がうまいから。やっぱ美人は絵が……こう、偏見じゃないけれど、あんまりうまくなくて…。

 

北原 美人は絵がうまくないって、超まずくないそれ?(笑い)

 

田房 今のちょっと取り消します(笑い)。でも美人だから、別の部分で満たされるところがあるというか。私の場合は絵しかなかったから頑張るしかないみたいな。

 

北原 うん。

 

 

田房 とにかく、みんなでカラオケとか行くと、その人がCHARAの「やさしい気持ち」とか歌うんですよ。それがめっちゃうまかったんですよ、それでほんとに死にたくなって。カラオケで、自分だけドブ川に埋まっているような気持ちになったのすごい思い出したんですよ、これ読んで。私、歌うの下手だしどうやって生きていこう、みたいな。すごいつらかったなぁって。それで男子も、イエローモンキーをその子の目だけ見て歌ったりとか。私もいるのに……みたいな。

 

北原 私も同じように、中学の時にすごいキレイな女の子がいて。私、その子にすごく好かれてて、スキー教室かなんか一緒に行ったのかな。それでみんな宴会で出し物するってことになって、その子と2人組でその子は聖子ちゃんを歌いたがったんだよね。すごくつらかったの覚えてる。男子から「あの子の連絡先教えてくれ」って言われて、私が連絡係になったりとか。その子と2人でいる時は平和で楽しいのに、男の子が入った途端にドブネズミになるんだよね。

 

田房 そうそう、男の子が入ってくるとすごく固まっちゃって、自分が傷つかないようにするしかない、みたいな。全然まともにコミュニケーションとれない、みたいな。ああいうのがすごく多かったですね、10代の時は。

 

北原 やっぱり女友だちって美醜の問題ってすごく大きいよね。

 

 

→第5回「”写ルンです”のトラウマ」に続く

北原みのり
1970年、神奈川県生まれ。コラムニスト、女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」代表。時事問題から普遍的テーマまでをジェンダー視点で考察した寄稿・連載多数。著書に、『はちみつバイブレーション』『フェミの嫌われ方』『オンナ泣き』『アンアンのセックスできれいになれた?』『毒婦。木嶋佳苗100日裁判傍聴記』『さよなら、韓流』『毒婦たち(共著)』など。

 

田房永子
1978年、東京都生まれ。漫画家、ライター。実母との戦いを描いた「母がしんどい」が話題に。現在は、90年代に中高生だったあの頃を描く「青春☆ナインティーズ」、“しんどい母”を持つ人のインタビュー漫画「うちの母ってヘンですか?」、独自の方法で過食の治癒に挑む「呪詛抜きダイエット」等、WEBや雑誌でコミックエッセイを連載中。