“環境への慣れ”はクラブが大きくなった証

 そもそも、人間ってどうしても環境に慣れてしまうところがあるじゃないですか。
 若い人に、『昔はこうだったんだぞ』と言っても、おそらくピンと来ないように、スタジアムも立派になり、満員にもなっている中で、『当時は苦しかったんだぞ』と言っても、『そうなんですね』としか返しようがない(苦笑)。それに僕は、若い選手たちに、それを言う必要もなければ、押しつける必要もないと思うんです。そうした歴史がこのチームにはあって、いろんな人達でそれを積み上げてきた。クラブが大きくなったり、それを知ってもらうことは大事だと思っています。強くなっていくとは、そういうことなんじゃないかなとも思うんです。

 それで言うと、ワールドカップにしても同様ですよね。以前は、出場することが目標だった大会でしたけど、今では日本中の認識として、出場することが当たり前になった。その流れがプレーする選手たちを強くし、チームを強くするわけです。そして応援してくれる人が増えれば、当然、批判する人も増えるわけで、その両面が、チームを大きくしていく。クラブもそうですよね。だから、入場者数というものも、やはり大事なんです。

次のページ 歴史を知っているからこその感謝がある