歴史を知っているからこその感謝がある

 それこそ試合中には、人智を超える瞬間というものがありますよね。パワーというものは、やっぱり人が生み出すもの。観客の多さであり、その熱量が、劇的なゴールであったり、劇的な結果をもたらしているところもある。

 僕は、サッカー選手としてだけでなく、ひとりの人間としても“ここ(川崎フロンターレ)”に育ててもらったという思いがあります。だから、たまにインタビューで、こうした質問をされるたびに、これだけ多くの人に愛されるクラブになったんだなと思い返すんです。自分はその過程を知り、見てきているからこそ、思い出したときには、感謝の気持ちが溢れてくる。スタジアムに続いてクラブハウスも新しくなり、その環境が日常になっているからこそ、昔を思い出す話題に触れたときに、当時を省みるんです。

 本当に、改めてこういう話をするたびに、自分自身の襟を正す機会にもさせてもらっています。J1で優勝してタイトルを獲れたことで、また、そうしたクラブの歴史であり背景、そして、今まで支えてきてくれた人、応援してくれる人たちのことを思い起こしましたよね。

明日の質問は…〈Q30 37歳になりましたが、今もサッカーは楽しいですか?〉です。