2018年大河ドラマの主人公は西郷隆盛。今、この人間的魅力に満ちた明治維新の立役者の人気が高まっている。西郷がいなければ、この歴史的な偉業はなされなかったと言ってもよいだろう。

江戸城総攻撃を前に、勝海舟との会談に臨む西郷隆盛。「西郷隆盛 維新の英傑」(国立国会図書館)

 その西郷の名言が『南洲翁遺訓』に残されている。『歴史人SPECIAL 西郷隆盛と幕末維新の争乱』では、その中から11の名言を紹介。歴史アナリストの外川淳氏が解説をしている。ここでは5つの名言をピックアップした。
 いずれも、傑出したリーダー・西郷ならではの魂を揺さぶる言葉である。

一、人を相手にせず、天を相手にせよ
解説/大きな目標を達成するには、周囲の人に気を配ることよりも、大局的な観点に立ち、天が何を必要としているかを知るべきである。

一、命もいらず、名もいらず、官位も
  金もいらぬ人は、始末に困るものなり

解説/命、名誉、地位、金のいずれもがいらない人間は対処に困る。しかしこの始末に困る人でなければ、困難をともにして国家の偉大な事業は成し遂げられない。

一、児孫の為に美田を買わず
解説/子孫のための資産として農地を購入するべきではない。子孫が大成するためには遺産に頼らず、自分自身の力で未来を切り開くように導くべきである。

一、過ちを改むるに、自ら過ったとさえ
  思い付かば、それにて善し

解説/失敗に対処しようとするとき、自分で失敗したと状況を認識さえすれば、事態は好転するもの。後悔するだけでなく、失敗を取り戻そうすれば、傷口を広げるだろう。

一、道に志す者は、偉業を貴ばぬものなり
解説/大きな目標を抱き達成しようとするのであれば、成功を収めても、自慢し満足してはならない。人は生きている限り、向上心を保ち続けるべきだ。

『歴史人SPECIAL 西郷隆盛と幕末維新の争乱』「『南洲翁遺訓』から読み解く西郷の思想と生きざま」より〉