岩政大樹「現役目線」第32回

プロ選手とセカンドキャリアを同時に進めた一年について
 

 あっという間に年の瀬を迎えました。

 僕は今年、新たな日々を始めています。この連載から本を出すこともできました。その激動の一年の締めくくりとして、今振り返って考えていることを書き残しておこうと思います。

 ちょうど一年前の今頃、僕は自分の人生をどうしていこうかと考えていました。様々な情報を集め、話を聞き、そしてたどり着いたのが「プロサッカー選手を続けながら、”セカンドキャリア”を始めてしまえないだろうか」というアイデアでした。

 ファジアーノ岡山を退団して、最初は引退を考えました。僕は、全身全霊をかけてプレーした所属チーム、鹿島アントラーズ、BECテロ・サーサナ、ファジアーノ岡山とは対戦したくない。できれば、元チームメイトとも敵として戦いたくなかったのです。
 しかし、引退して何をするのかと考えたときに、僕は「これが自分の仕事です!」と胸を張って言えるものがありませんでした。解説をするにしても、コーチをするにしても、サッカー教室をするにしても、どこかのクラブに所属するにしても、書き物をするにしても、僕はそれを「本職」と言うにはあまりに未熟だと思いました。

処女作「PITCH LEVEL」を刊行。解説など東京Uでプレーをしながら精力的に活動した。

 その頃届いたのが、Jリーグのクラブではないチームからのいくつかのオファーでした。その一つに東京ユナイテッドが含まれていました。
 僕はふと、Jリーグのクラブでなければ、そもそも社会人が所属しているわけだから、プロサッカー選手を続けながら、そうしたあらゆる仕事を同時にできるのではないか、と考えました。思いつくと、オファーをいただいた各クラブにそのアイデアを打ち明け、実現可能か問い合わせてみました。すると、いずれのクラブもそれを奨励してくれました。
サッカー本大賞(本の雑誌社)。岩政大樹「PITCH LEVEL」が大反響

次のページ 僕はJリーガーに向いていなかった