ついに映画『君の名は。』が待望の地上波初放送!
映画で描かれた美しい風景描写も多くの人を魅了した要因の一つだが、その「舞台設定のモデル」になった場所で、映画のワンシーンを再現したかのような写真が撮れることも人気に拍車をかけた。
今回は、東京都内で「公式認定」された舞台のモデル場所をご紹介しよう。
写真を拡大 「『君の名は。』って観た? 面白かったよね〜」気になるあのコがそう言ったなら、 デートのチャンス。映画の感想を語り合いながら、ぶらり東京の舞台散策へ。

JR四ツ谷駅

写真を拡大 瀧と奥寺先輩がデートで待ち合わせした場所。

瀧にとっては地元の駅。劇中で何度も登場

 JR新宿駅から中央・総武線で4駅。赤坂口と四ッ谷口、ふたつの出口がある。瀧が何かと訪れ、物語の舞台として度々登場する重要な駅のひとつだ。特に象徴的なのが、奥寺先輩との待ち合わせシーン。映画と同様に、実際に待ち合わせるところからデートを始めればより映画の世界観に浸れるだろう。

外苑いちょう並木

写真を拡大 紅葉のシーズンは観光客で賑わう外苑のいちょう並木。

瀧たち3人が並んで歩いていたのがこの場所

 

 映画やドラマの撮影でも数多く使われる、都内有数のビュースポット。秋には青 空と黄金色のいちょう並木のコントラストが、多くのカップルたちを夢心地にさせてくれる。

信濃町駅前歩道橋

写真を拡大 信濃町駅前から新宿のタイムズスクエアを望む。
写真を拡大 劇中で何度も重要な場面で登場するのがこの歩道橋。

映画のテーマを象徴する人気の撮影ポイント

 地図上は信濃町であるが、歩道橋から外苑の景色を一望できる。いちょう並木からはぐるりと外苑を半周すると、徒歩でも10分程度で辿り着くことが出来る距離だ。

西新宿交差点

写真を拡大 夜の西新宿交差点。映画の中で象徴的なシーンに使われた背景。

ローアングルから狙えば、このカットも撮影できる

 通称「西新宿サインリング」 と呼ばれる円環状の信号機。新宿警察署裏交差点に位置し、 丸ノ内線「西新宿」駅が最寄り駅となる。新宿アイランド タワー側の出口を出てすぐ。

(*この記事はストリートジャック2017年2月号の記事を再編集したものであり、2016年12月取材時の内容となります)