定番のジーンズやチノから、今季ならではのトレンドパンツまで、どんなボトムスにも合わせられるスニーカーと革靴の「2点セット」をご提案。効果的にコーデの幅を広げてくれますよ!

 

相性が良い【スニーカーと革靴】第3位
レトランスニーカーと
ローファー

写真を拡大ミズノとドクターマーチン】名作の復刻スニーカーはやはりレトロ。優雅なタッセルローファーが、華やかさを補てんする。[左]1万円(ミズノお客様サービスセンター)、2万2000円(ドクターマーチン エアウエア ジャパン)

ぽってりと丸いフォルムでさり気なくスポーツテイストを主張するレトランの相棒には、シャープで抜け感のあるローファーが適任だ。

写真を拡大 【サッカニーとルイス】スラックスにピッタリな、光沢のあるパテントを使用したローファーのドレス感に対してスニーカーはクラシックな面持ち。[左]7900円(サッカニー ジャパン)、[右]2万4000円(ルイス新宿店)
写真を拡大 【ニューバランスとザ・ダファー・オブ・セントジョージ】デニムにも似合うネイビーローファーと、スラックスでも違和感ないグレースニーカーの変化球コンビ。[左]9800円(ニューバランスジャパンお客様相談室)、[右]2万円(ジョイックスコーポレーション)
写真を拡大 【ナイキ スポーツウェアとビーミング by ビームス】リラックス感あるブラウンローファーとは、ストイックなスニーカーをマッチ。[左]8000円(ナイキカスタマーサービス)、[右]1万9000円(ビーミング ライフストアby ビームス コクーンシティ店)

相性が良い【スニーカーと革靴】第2位
ハイテクスニーカーと
プレーントゥシューズ

写真を拡大 【アシックスとレッド・ウィング】ボリューミィな〈アシックス〉の新作はややエッジィ。ここぞというときに使うべく、普段は定番を。[左]1万4500円(アシックス ジャパン お客様相談室)、[右]3万5000円(レッド・ウィング ジャパン)

個性的なデザインが顔をそろえるハイテクスニーカーのカテゴリをカバーするのは、ローテクスニーカーに次ぐ汎用性を見せたプレーントゥ。

写真を拡大 【プーマ
とティーケータケオキクチ】

クリーンさのある「TSUGI」シリーズ。ならば、スウェードで遊んだ短靴を取り合わせるのもまた手だ。[左]1万2500円(プーマお客様サービス)、[右]1万5000円(ティーケータケオキクチ) 
写真を拡大 【ナイキ スポーツウェアとグラニスタ】
ベージュスウェードはどこかラフなイメージ。セット買いするならスニーカーはスマートなネイビーでバランスを取ろう。[左]1万8000円(ナイキ カスタマーサービス)、[右]1万3000円(リファーレ)
写真を拡大 【リーボック クラシックとコムサイズム】
モード感満点の「インスタポンプフューリー」には、カジュアルな茶系を。[左]1万8000円(リーボック アディダスグループお客様窓口)、[右]1万8000円(ファイブフォックス カスタマーサービス)
 

相性が良い【スニーカーと革靴】第1位
ローテクスニーカーと
ワークブーツ

写真を拡大 【コンバースとザ・ダファー・オブ・セントジョージ】パンツを選ばない「ジャックパーセル」。対するブーツは、存在感の強いレザーのものを。[左]6000円(コンバースインフォメーション
センター)、[右]3万3000円(ジョイックスコーポレーション)

ワークブーツの男くささに対して、汎用性が頭ひとつ抜けているローテクが
好相性。ここで重要なのは、カジュアルとクリーンのバランスだ。

写真を拡大 【アディダス オリジナルスとホーキンス】淡いカラーのスニーカーでアクセントをつけた分、ブーツはドレス感のあるプレーンなデザインをチョイス。[左]9990円(アディダスグループお客様窓口)、[右]1万4000円(エービーシー・マート)
写真を拡大 【プーマと
ステファノロッシ】
サイドゴアブーツも使いまわしが効くが、ジーンズに合わせづらい分をベーシックカラーのスニーカーで補完する形に。[左]1万3000円(プーマお客様サービス)、[右]8990円(エービーシー・マート)
写真を拡大【ヴァンズと
レッド・ウィング】
ストリートモードの追い風となるブラックの「オールドスクール」には、古き良きアメカジをにおわせる王道ブーツを。[左]6500円(ヴァンズジャパン)、[右]3万7900円(レッド・ウィング ジャパン)