2016年のツアーは8ヶ月にわたって40万人以上を動員、さらに2015年・2017年にはワールドツアーも敢行し、人気・実力とも確実にステップアップしている今要注目のEXILE TRIBE発ダンス&ボーカルグループであるGENERATIONS from EXILE TRIBE。そんな彼らの初のベスト盤である『BEST GENERATION』を発表した。彼らにベスト盤についての思いを訊き、そして来る2018年の抱負も語ってもらった。
 

「2018年の1月1日に僕らのデビューからの5年間が詰まったベスト・アルバムを発売できるのは凄く嬉しい」

ーーまずは初のベスト盤『BEST GENERATION』をリリースすることになった今の想いを教えていただけますか?

白濱亜嵐「これまでもEXILEさんや先輩グループのみなさんが元旦に作品リリースや重要な発表を行ってきたので、2018年の1月1日に僕らのデビューからの5年間が詰まったベスト・アルバムを発売できるのは凄く嬉しいです。15枚のシングルと4枚のアルバムのリリースを重ねてきて、最高のタイミングであると同時に、新たなGENERATIONSの転換点になる作品だと思っています」

ーーここからは収録される各シングルについて、リリース順にうかがっていきます。まず、デビュー・シングル「BRAVE IT OUT」をリリースした当時(2012年11月21日)を振り返ってもらえますか?

数原龍友「デビュー当時は自分たちの音楽性や方向性をわかっているつもりでもまだ理解しきれていなかったと思うんです。とにかく何でも一生懸命にやることに集中していた時期でした。今だからこそ冷静に振り返れますけど、当時は何をやるにしても初めての経験だったので、とにかく無我夢中だったと思います。デビュー・シングルの「BRAVE IT OUT」は、そんな当時の僕たちなりに「僕たちがGENERATIONSです」みたいな想いを詰め込んだ1曲だと思います。今聴くと少し照れくさいですけど、当時の気持ちを思い出したり、初心にも返らせてくれる楽曲だと感じます」

 
次のページ 「10thシングル「ALL FOR YOU」は、自分たちの自信になった曲」