2002年にスタートし、今年で通算10回目の節目を迎える、年に一度のスニーカー総選挙「スニーカー・オブ・ジ・イヤー 2017」。SNSからの投票を中心に「ユーザーの声をリアルに反映した」ランキングをもとに、ついに「年間No,1スニーカー」が決定しました!

年間No.1スニーカーを決定!
「スニーカー・オブ・ジ・イヤー 2017」
得票率ランキングBEST10を発表!!

【選考基準】2017年1月1日〜2017年12月15日までの期間で、『SNEAKER JACK DAILY』サイトの上位50モデルを対象に、WEB投票を実施。1人あたり3モデルを選出してもらい、全体の得票率が最も多かったスニーカーを年間No.1=「スニーカー・オブ・ジ・イヤー2017」として表彰いたします(投票は終了いたしました)。
【ちなみに過去9回のMVPはーー】
2016年(第9回)…YEEZY BOOST 350 V2/adidas Originals+KANYE WEST

2009年(第8回)…AIR JORDAN 1 BMPパック/NIKE
2008年(第7回)…AIR JORDAN 1 RETRO ×リーバイス/NIKE
2007年(第6回)…AIR JORDAN 1 RETRO “つま黒”/NIKE
2006年(第5回)…DUNK Low PRO SB “ティファニー”/NIKE
2005年(第4回)…DUNK Low PRO SB “ティファニー”/NIKE
2004年(第3回)…DUNK Low PRO SB “BUCK”/NIKE
2003年(第2回)…DUNK HI PREMIUM/NIKE
2002年(第1回)…AIR FORCE 1 “黒ヘビ”/NIKE

'90年代スニーカーブームの熱狂冷めやらぬ2002年から月刊ファッション誌『STREET JACK』誌上で開催された「スニーカー・オブ・ジ・イヤー」。2009年を最後に中断していたが、昨年7年ぶりにWEBサイト『SNEAKER JACK DAILY』で復活。ナイキ勢の8連覇を阻止した、アディダス×カニエ・ウエストのイージーブーストが9代目MVPに輝いた。

第10位
CONVERSE
ALL STAR J VTG 50 HI
<得票率 8.4% 発売日:2017年2月>

写真を拡大 4年目を迎えた、コンバースの持つ歴代アーカイブを起点にした復刻プロジェクト「TimeLine」。ブランドの顔とも言えるオールスターの復刻は、ファン待望の「本命」だった。

TimeLineに待望の「真打登場」でファン歓喜!

 生誕100年を迎え〈ALL STAR 100〉に注目が集まった中、WEB投票で最も支持されたのはオールドファン垂涎なハイエンドモデル! 人気の高いあ1950年代のオールスターを、アッパーに帆布「富士金梅」を採用するなど、紡績から製織まで純国産にこだわって忠実に復刻。しかもヒールラベルやアンクルパッチから、トゥキャップの大きさ、 羽の形状に至るまで、ディテールも細部にこだわり美しく再現。大人の鑑賞に耐えうる、まさに本物。

CONVERSE〈ALL STAR J VTG 50 HI〉の情報を詳しく見る


第9位
ASICSTIGER×PORTER
GEL-KAYANO TRAINER "THAT BLACK NYLON"
<得票率 9.7% 発売日:2017年2月25日(先行発売)>

写真を拡大 今回が初の顔合わせとなった両者。コラボレーションに採用されたのは、GEL-KAYANOシリーズの初代モデルで、モノソック構造が特徴的な名機〈GEL-KAYANO TRAINER〉。

あのPORTERの人気定番バッグが、スニーカーに!

 言わずと知れたバッグメーカーの巨人「PORTER」の人気シリーズであるタンカーを「スニーカーで表現」した越境コラボは、発売前から話題騒然に。今回は随所にタンカーシリーズで使われている素材やディテールと同じものを採用(表地のナイロンツイル生地やドローコードタイプのシューレースなど)。靴底やライニングにも同ブランドを印象付けるオレンジカラーを取り入れ、名機をPORTER色に染め上げたファンには堪らない仕上がりに。

ASICSTIGER×PORTER〈GEL-KAYANO TRAINER“THAT BLACK NYLON”​の情報を詳しく見る


第8位
NIKE SPORTSWEAR
NIKE AIR MAX 1 ANNIVERSARY
<得票率 10.3% 発売日:2017年3月>

写真を拡大 エアマックス30周年、つまり初代エアマックスである〈AIR MAX 1〉のオリジナルが発売されて30年の節目を迎えるにあたり、レトロ、リミックス、イノベーションの各種を続々と発表。

30年前のオリジナル・エアマックス1を「復刻」

 今年のスニーカーシーンにおけるビッグイベントといえば「エアマックス30周年」。その中でも特に「オリジナルの忠実復刻」という意味で意義深かったのがこちら。オリジナルの持つ、クラシックな白/赤/グレー、青/グレーのカラーを含む、特徴的な3つのカラーウェイを、発売当初のシルエットとともに忠実に再現して復刻。上写真にあるように、高々とスニーカーを掲げるキービジュアルは、今回「スニーカービジュアル」部門第1位にも。

NIKE SPORTSWEAR〈NIKE AIR MAX 1 ANNIVERSARY〉の情報を詳しく見る

 

第7位
Reebok CLASSIC×PACKER SHOES×atmos「DORAEMON」
INSTAPUMP FURY OG PAD DRAEMON
<得票率 10.3% 発売日:2017年3月4日>

写真を拡大 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の全国公開日に合わせ発売された。インソールには逆足のネズミに驚くドラえもん、かかとには四次元ポケットと、遊び心溢れるディテールが満載。

まさかここまで! サンプリングの枠を超えたコラボ

 アメリカの老舗スニーカーショップを絡めたトリプルコラボ(正確にはドラえもんを入れたディメンションコラボか)で発売された本作は、その再現っぷりに原作ファンならずとも思わず買いたくなったに違いないーーとにかく細部に渡り趣向が凝らされているのだが、ボディのカラーリングもまさしくドラえもんのそれで、もはや公式グッズの域。そして実はキッズモデルのPUMPがさらに鈴っぽくなっていることも、最後に付けくわえておこう。

〈INSTAPUMP FURY OG PAD DORAEMONの情報を詳しく見る


第6位
adidas Originals
SUPERSTAR BOOST
<得票率 11.0% 発売日:2017年2月9日>

写真を拡大 BOOST FOAM自体は隠れて搭載されており、 シューズの内側にわずかにその姿を覗かせることで、クラシックなデザイン性を保ったままだったことも勝因。より快適な履き心地を実現している。

スーパースター、お前もか! 待望のBOOST化

 2017年は多くのクラシックモデルがハイブリッド化したが、その中でもその手法に独自のアプローチを取り入れていたのがこの〈SUPERSTAR BOOST〉。他がソール全体をビジブルな状態でハイテク化したのに対し、スーパースターは「オーセンティックなソールの中に埋め込む」という手法を採用。これにより見た目にはほとんどオリジナルと変わらず(しかもチラッと見えるのは足の内側という気配りよう!)、合わせやすさも担保。

adidas Originals〈SUPERSTAR BOOST〉の情報を詳しく見る