イラスト/フォトライブラリー
江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

『井関隆子日記』の著者の隆子は天明五年(1758)、旗本庄田家の四女として、四谷の屋敷に生まれた。
 日記に、幼いころの思い出を記している。

 四谷に長安寺という寺があったが、お堂が老朽化していた。長安寺の住職はこの堂を建て替えようと、毎日、托鉢にまわった。
 短い麻衣を着て、草鞋ばきで、菅笠をかぶり、片手に鉢をささげ、もういっぽうの手で錫杖を突き鳴らして歩く。あとには小法師が二、三人、従っていた。

 この托鉢は雨や風の日でも続けられた。これを見て、人々は言った。
「長安寺はこのあたりでは由緒ある寺で、弟子もたくさんいるのに、ご住職自信が修行して歩いている。まだ若いのに、じつに偉いものだ」
 そして、銭や物を寄進する人は多かった。

 ある日から、錫杖の音がぷつりと絶えた。隆子の親戚の老婆など、
「きっと慣れない修行を続けたので、体をこわしたのではなかろうか。さもなければ、托鉢をやめるはずがない」
 と、心配しきりだった。

 
次のページ 寺の境内に住む人間が語った衝撃の事実