日本のセレクトショップの草分け的存在であり、 業界人・芸能人にも幅広いファンを持つ〈ビームス〉。ファッショニスタたちが着こなすアウタースタイルを参考に自分の一着を探すべし ! !

BEAMS×Dai-CE


BEAMS×工藤大樹の場合。

全身写真を見る 工藤大輝【TAIKI KUDO】チェスターコート3万2000円/ヴェイパライズ、ニット1万2000円、サーマルカットソー 5500円/ともにビームス、側章パンツ1万1000円/フレッドペリー×ビームス、ビットローファー 1万6800円/マネブ(すべてビー ムス 原宿)

この冬注目の素材「太畝コーデュロイ」を、ヴィンテージ風のピンクカラーに染め上げた個性的な一着。ボルドーのジャージーをパンツに合わせることで調和を図った。〈フレッドペリー〉に合わせ、英国つながりでブラックウオッチを持ってきたのも面白い。


BEAMS×岩岡 徹の場合。

全身写真を見る 岩岡 徹【TORU IWAOKA】チェスターコート2万6000円、スカジャン4万2000円、 サイドゴアスニーカー 1万2000円/すべてビームス、スウェット7800円/チャンピオン×ビームス、コーデュロ イパンツ1万5000円/オールドパーク(すべてビームス 原宿)

スカジャン+スウェットシャツというアメカジの王道トップスを現代的に導くのは、チャコールグレーの深い色合いが大人っぽいオーバーサイズコート。メルトンの温かみが、発色豊かなサテン地のスカジャンを優しくいなす。リメイクのパンツも男らしい。


BEAMS×大野雄大の場合。

全身写真を見る 大野雄大【YUDAI OHNO】ブルゾン2万2000円/ヴェイパライズ、Tシャツ6800円 /フラグスタフ、サーマル5500円、イージーパンツ1万 1000円/ともにビームス、キャップ4500円/ハーシェ ル サプライ、スニーカー 5500円/ヴァンズ(すべてビ ームス 原宿)

保温性も抜群の中綿入り肉厚チェックブルゾンを主役に、トップスで王道ストリートスタイルを構築。ただ、鉄板のアメカジスタイルで終わらせず、ボトムスはクリーンなグレーでバランスを取るのが今季流。赤いソックスのワンポイントも見逃せない。