カイガーマンへ。子供用靴下のススメ

 靴下にはおすすめの買い方がある。ぼくが買うようになった母の靴下が、評判良かったのである。

 母が笑顔で教えてくれた。

「デイサービスに行くと、いつもみんなに言われるよ。『か~わいい靴下をはいてるねえ。どこで買ったの?』って」

 そう。母にはかわいい靴下ばかり買ってあげた。色はピンクやレインボー。デザインはイチゴやバナナが並んでいるものとか、色とりどりの傘が並んでいるものとか。

 どこで買ったのかと聞かれれば、正解はこれ。子供靴下売り場。

 うちの母は身長が約150センチと小柄で、足はさらに小さい。職場で横幅の狭い靴を履き続けた結果、纏足(てんそく)をほどこされた中国の女性のように、足先がすぼみ、本当に足が小さくなってしまったのだという。

 母の小さな足をながめながら思った。

「このサイズなら子供用の靴下でOK。子供用のほうがデザインも豊富で、あったかそうなのがたくさんある!」

 

 こうして、かわいくて、めいっぱいカラフルなデザインの子供用靴下を、選んで買うようになった。靴下ひとつでデイサービスの会話に花が咲くなら、それだけで大成功だ。

 小柄なお母さんや奥さんをお持ちのカイガーマンには、この作戦を推奨したい。

 まわりの目が気になる介護初心者でも、子供用の靴下売り場なら、買い物の際のハードルもないだろう。女性用の靴下売り場はたいてい下着売り場と一緒にあるから、その難関を回避できる利点がある。

次のページ 最後に「女性下着売り場」にモノ申したいこと