今年こそ、近所の床屋や1000円カットじゃなくて、オシャレな美容室に行ってみたい!
でも初挑戦は不安でいっぱいなはず。そんな悩める男子のためにお店に行く時の流れや、聞くに聞けないヘア用語集までを詳しく特集! これで2018年のサロンデビューも怖くない!

第3回は、「カット」についてQ&A方式でご案内。
そしていよいよ施術タイム。最初のカウンセリングの段階で完成ビジョンがスタイリストに見えているはずなので、基本的にそのまま任せて進めていってOKだ。もしも、途中で気になるところが出てきたら随時伝えるようにしよう。
 

Q. カットの最中に電話って大丈夫?

A.  施術中の通話は避けたほうが無難。

 メールなどであれば基本問題はないものの、耳もとでスマホがあるとカットがやり辛くなってしまうので、通話するのはできれば避けたいところだ。施術の際の常識として覚えておくのが得策!

Q. 切りすぎたとき、もっと切ってほしいとき言っていいの?

A.  気になった点はすぐに言うべし!

 もう少し切って欲しいとき、もしくは思った以上に印象が変わったのでこれ以上切って欲しくないとき、どちらも「アレ?」と思った時点ですぐ言おう。ある程度はその後のカットで修正できるぞ。

Q. カット中は何をしていればいいですか?

A.  基本的に自由だけど、頭は動かさないように!

 スタイリストとの会話を楽しむのが一般的ながら、上記の通りスマホで通話などしない限りは、本を読んだり何をしても自由。ただし、カット中に頭を動かさないように注意!

Q. くせ毛なのですがバッサリ切ると広がりますか?

A.  髪質によるものの、広がるパターンが多いのは事実。

 その人の毛質によるので一概には言えないものの、剛毛の人は広がる可能性は高い。縮毛矯正で落ち着かせたり、逆にパーマで動きを生かすなどして対処するのがベターな選択。

Q. どのくらいの頻度でカットにいけばいいの?

A.  自分的にスタイリングがしにくくなったらサロンへ。

 セルフセットの際にシルエットが決まりにくくなったな・・・と思ったら切りどきのサイン。まめなお手入れを心掛けよう。大体1ヶ月経つと目に見えてシルエットが重くなってくる。

Q. カラーとパーマは同じ日にしてもOK

 

A.  最近は薬剤が進歩しているので同日でも可能。

 かつては、カラーとパーマは1週間の間隔を空けたほうが良いとされてきた。しかし、最近では薬剤の進歩で髪へのダメージが少なくなっているので同日に施術することができる。

Q. カットだけでなく、カラーやパーマがしたいのですが、ダメージが気になります。ケアしながら施術ができるメニューはありませんか

A. 痛みにくい施術や、トリートメントもある。

 パーマに関しては、髪に優しい化粧品登録の液剤を使うコスメパーマを始め、傷みにくい施術が多数ある。カラーのダメージが気になる人はトリ―トメントを処方するのが対策法。

*編集部調べ。必ずしも全国すべての美容室に適合するわけではありません。ご注意ください。