連載「学考」、今回登場するのはラグビーイングランド代表ヘッドコーチ(元日本代表ヘッドコーチ)、エディー・ジョーンズさん。W杯での対戦相手が固まってきた、日本代表の展望を聞いた。〈Q2.ラグビー日本代表が2019年ラグビーW杯で勝つには何をするべきか〉

日本代表は2種類のタフなラグビーを戦うことになる

――現在、ラグビー日本代表の課題は、どのように見られているでしょうか。

 

ジョーンズ 日本は2019年のラグビーW杯でスコットランドとアイルランド、恐らくサモアと対戦します(注:スコットランドとアイルランドは確定。サモアはプレーオフを勝ち上がっての出場が濃厚。他ヨーロッパ地区代表を含めた4チームと日本代表は予選を戦う)。サモアは若い選手がとても伸びてきています。2019年までによりタフなチームへと仕上がっていくでしょう。アイルランドは世界3位、スコットランドは世界5位のチームです。スコットランドはとても戦略、戦術に優れたチームです。アイルランドはスクラムやラインアウトといったセットプレーの強いチームです。両チームに立ち向かうことは本当にタフです。スコットランドとはより体力を消耗するようなゲームになるでしょう。アイルランドとは接点が激しくなる。日本代表は2種類のタフなラグビーを戦わなければなりません。

――日本代表がアイルランドやスコットランドに勝つために何が必要ですか?

ジョーンズ アイルランドにはアンストラクチャー(崩れた状態)にして攻めるべきです。相手のペースでプレーをさせないことです。スコットランドには、より戦略、戦術を高めて戦わないといけません。

次のページ コーチ陣はW杯での経験がないが…