連載「学考」、今回登場するのはラグビーイングランド代表ヘッドコーチ(元日本代表ヘッドコーチ)、エディー・ジョーンズさん。過渡期にある、日本ラグビーのトップチームのありかたについて聞いた。3シーズン目を迎え、開幕戦を間近に控えた「スーパーラグビー」サンウルブズに対しては厳しい評価となった。〈Q4.かつてサントリーを率いていたこともありますが、トップリーグの現状と理想形についてはどうお考えですか?〉

トップリーグは素晴らしい指導者に恵まれている

 

――今シーズン、トヨタ自動車の監督に、2007年のラグビーW杯で南アフリカに優勝をもたらしたジェイク・ホワイトが就任しました。エディーさんの親友でもあります。トヨタ自動車をどう見ていますか?

ジョーンズ トヨタ自動車は非常にタフになりディフェンスがよくなりましたね。アタックも成長しています。非常にシンプルなことがうまくいっています。

――やはり、コーチが変わればチームが変わっていくということでしょうか?

ジョーンズ 本来、日本はサントリーの沢木敬介のようなコーチが前に出ていくべきです。ジェイクもそうですがNTTコミュニケーションズのロブ・ペニーなどもそうです。国籍は関係ありません。素晴らしいコーチが指揮すればいい。そうすれば結果が出ます。

――トップリーグは2019年ラグビーW杯後、システムが変わる方向で話し合われています。理想的な日本ラグビーのトップリーグのシステムは?

ジョーンズ Jリーグのようなシステムがいいと思っています。ラグビーも地域密着の完全なプロチームです。多くても8チームでしょう。8つの強いチームで戦えば非常にレベルが高くなるでしょうね。

 
次のページ スーパーラグビーはまだ早い