「BEST T!MES」連載30問30答、2018年最初に登場するのは2017年の雪辱を期す千葉ロッテマリーンズの新監督・井口資仁氏。核になってほしい投手について聞いた。

■僕たちが目指すのは1点にこだわる野球

 厳しい言い方になりますけど、個々において、プロ野球選手としての意識が未熟に感じられる選手が多いですね。
 自分のどういう点をアピールして、競争の激しいこのプロ野球という世界で生き抜いて行くべきなのか。それをまだわかっていない選手が数多くいます。

 選手にはそれぞれ個性があるので当然、アピールすべきポイントは個人個人によって違ってくるでしょう。ただ、その中で多くの選手……特に若手の選手は、すでに持ち合わせていながら、本人はそのことに気づいていない武器があります。
 例えばそれが、足の使い方です。
 もっと走れるはずなのに、それができない選手があまりにも多くいると感じています。

 そして、この足を使えていないという点は、マリーンズというチーム全体の課題でもあります。現状のメンバーの特徴や力量、ホームランが出にくいというホームスタジアムの特性を鑑みれば、僕たちマリーンズは、選球眼を生かしてフォアボールを選んだり、足を絡めた攻撃をしたりする野球をすべきなんです。

 

 打つだけの野球には限界があります。いくら強力打線を売りにするチームがあったとしても、チーム打率は3割に届かないわけですし…また、相手のエース級と対戦をしたら、大量得点は望みにくい。

 そこで僕たちマリーンズが目指すべきなのは、大量得点で勝つような豪快で派手な野球ではなく、1点にこだわるような野球であるべきだと思います。
相手より1点でも多く取れば勝つという意識を持って、その1点をどうやってもぎ取るか、その1点のリードをどう守り切るかに全力を尽くす。
 具体的にいえば、攻撃では、ヒットが出なくても得点しやすいワンアウト三塁の状況をいかに数多く作れるか、になる。マリーンズはそういう野球のできるチーム、ポテンシャルがある選手が多いと思っているんです。

 冒頭に選手たちの多くがプロ野球選手としての意識が未熟である、という厳しい言い方をしましたけど、それは単純に選手たちが不真面目だったり、サボっているという意味ではありません。
 今まで「一つでも先の塁を狙うんだ」という環境を与えられていなかったので、仕方の内面もあるとは思います。そういう部分を改革していくのが僕の役目ですから。

〈明日の質問は…「Q18.「走る」というキーワードにこだわる理由は?」です〉